Seleniumライブラリのインストール

お気に入りのプログラミング言語用にSeleniumライブラリを設定します。

最初にあなたの自動化プロジェクトにSeleniumのバインディングをインストールする必要があります。 インストールの方法は選択した言語によって異なります。

JavaへのSeleniumライブラリのインストールはMavenを使います。 プロジェクトのpom.xmlに selenium-java の依存関係を追加してください。

<dependency>
  <groupId>org.seleniumhq.selenium</groupId>
  <artifactId>selenium-java</artifactId>
  <version>4.X</version>
</dependency>

selenium-java 依存関係は、Seleniumがサポートする全てのブラウザを自動化プロジェクトで実行できるようにします。 もし特定のブラウザだけでテストを実行したい場合は、そのブラウザの依存関係を pom.xml ファイルに追加することができます。 例えば、Firefoxのみでテストを実行するためには下記の依存関係を pom.xml ファイルに追加します。

<dependency>
  <groupId>org.seleniumhq.selenium</groupId>
  <artifactId>selenium-firefox-driver</artifactId>
  <version>4.X</version>
</dependency>

同じように、Chromeのみでテストを実行するためには下記の依存関係を追加します。

<dependency>
  <groupId>org.seleniumhq.selenium</groupId>
  <artifactId>selenium-chrome-driver</artifactId>
  <version>3.X</version>
</dependency>

PythonへのSeleniumライブラリのインストールはpipを使います。

pip install selenium

また、PyPI source archive (selenium-x.x.x.tar.gz)をダウンロードして、 setup.py でインストールすることもできます。

python setup.py install

C#へのSeleniumライブラリのインストールはNuGetを使います。

# Using package manager
Install-Package Selenium.WebDriver
# or using .Net CLI
dotnet add package Selenium.WebDriver

Supported .NET Versions

Make sure to use the .NET SDK version compatible with relevant Selenium package. Check the dependencies section to find out the supported .NET version. At the time of this update, .NET 5.0 (Visual Studio 2019) is known to be supported, and .NET 6.0 is not supported. You can download MSBuild Tools 2019 from here to install the needed components and dependencies such as .NET SDK and NuGet Package Manager.

Using Visual Studio Code (vscode) and C#

This is a quick guide to help you get started with vscode and C#, however, more research may be required. Install the compatible .NET SDK as per the section above. Also install the vscode extensions (Ctrl-Shift-X) for C# and NuGet. Follow the instruction here to create and run the “Hello World” console project using C#. You may also create a NUnit starter project using the command line dotnet new NUnit. Make sure the file %appdata%\NuGet\nuget.config is configured properly as some developers reported that it will be empty due to some issues. If nuget.config is empty, or not configured properly, then .NET builds will fail for Selenium Projects. Add the following section to the file nuget.config if it is empty:

<configuration>
  <packageSources>
    <add key="nuget.org" value="https://api.nuget.org/v3/index.json" protocolVersion="3" />
    <add key="nuget.org" value="https://www.nuget.org/api/v2/" />   
  </packageSources>
...

For more info about nuget.config click here. You may have to customize nuget.config to meet you needs.

Now, go back to vscode, press Ctrl-Shift-P, and type “NuGet Add Package”, and enter the required Selenium packages such as Selenium.WebDriver. Press Enter and select the version. Now you can use the examples in the documentation related to C# with vscode.

RubyへのSeleniumライブラリのインストールはgemを使います。

gem install selenium-webdriver

JavaScriptへのSeleniumライブラリのインストールはnpmを使います。

npm install selenium-webdriver
Kotlinのネイティブ言語バインディングが欠落しているため、Javaバインディングを使用する必要があります。 例えば、 maven Java を使用します。

Next Step

Install the browser drivers

最終更新 March 14, 2022: Fix: Minor typo errors (9cab8d79c2d)