Edge固有の機能

これらは、Microsoft Edgeブラウザに固有のCapabilityです。

Microsoft EdgeはChromiumで実装されており、サポートされている最も古いバージョンはv79です。 Chromeと同様に、edgedriverのメジャー バージョン番号は、Edgeブラウザのメジャーバージョンと一致する必要があります。

Chromeページ にあるすべての機能とオプションは、Edgeでも機能します。

オプション

基本的な定義済みオプションを使用して Edgeセッションを開始すると、次のようになります。

        EdgeOptions options = new EdgeOptions();
        driver = new EdgeDriver(options);
    options = EdgeOptions()
    driver = webdriver.Edge(options=options)
            var options = new EdgeOptions();
            var driver = new EdgeDriver(options);
    options = Selenium::WebDriver::Options.edge
    @driver = Selenium::WebDriver.for :edge, options: options
      let options = new edge.Options();
      driver = await env.builder()
        .setEdgeOptions(options)
        .setEdgeService(new edge.ServiceBuilder(edgedriver.binPath()))
        .build();
    });

引数

args パラメータは、ブラウザの起動時に使用されるコマンドラインスイッチのリストです。
一般的に使用される引数には、--start-maximized および --headless=new が含まれます。

オプションに引数を追加します。

        EdgeOptions options = new EdgeOptions();
        options.addArguments("--headless=new");
        driver = new EdgeDriver(options);
    options = EdgeOptions()
    options.add_argument("--headless=new")
            var options = new EdgeOptions();
            options.AddArgument("--headless=new");
    options = Selenium::WebDriver::Options.edge(args: ['--headless=new'])
    @driver = Selenium::WebDriver.for :edge, options: options

Internet Explorer Compatibility モード

Microsoft Edge は、Internet Explorer ドライバークラスを Microsoft Edgeと組み合わせて使用する “Internet Explorer 互換モード"で動かすことができます。 詳細については、Internet Explorerページを参照してください。