Tips on working with locators

When to use which locators and how best to manage them in your code.

Take a look at examples of the supported locator strategies.

一般に、HTMLのid属性が利用可能でユニークかつ一貫している場合、ページで要素を探す方法として適しています。 idは動作がとても速い傾向があり、複雑なDOMトラバースに伴う処理を省略できます。

ユニークなidが使えない場合、きれいに書かれたCSSセレクタが要素を探す方法として適しています。 XPathはCSSセレクタと同様に動作しますが、シンタックスは複雑で大抵の場合デバッグが困難です。 XPathはとても柔軟ですが、ブラウザベンダは性能テストを通常行っておらず、非常に動作が遅い傾向があります。

link textセレクタとpartial linkText セレクタはa要素でしか動作しないという欠点があります。 加えて、これらはWebDriverの内部でquerySelectorAllの呼び出しに置き換えられます。

タグ名によるロケータは危険な方法になり得ます。 大抵の場合ページ上には同じタグ名の要素が複数あります。タグ名は要素のコレクションを返す findElements(By) メソッドを使う時にもっとも役に立ちます。

ロケータは可能な限り簡潔に、読みやすい状態を保つことを推奨します。 WebDriverでDOM構造のトラバースを行うのは重い処理となります。 検索の範囲を狭めた方がより良い結果を得られます。