これは、このセクションの複数ページの印刷可能なビューです。 印刷するには、ここをクリックしてください.

このページの通常のビューに戻る.

Seleniumブラウザー自動化プロジェクト

Seleniumはブラウザー自動化を可能にし、それを支えるツール群とライブラリー群プロジェクトです。

ユーザーとブラウザーのやり取りのエミュレーション、ブラウザーの割当を増強したり縮減する分散型サーバー、そしてすべてのメジャーなブラウザー用に置換可能なコードの実装を可能にするW3C WebDriver 仕様インフラの提供します。

このプロジェクトは多くの有志貢献者の何千時間に及ぶ個々の時間を費やした事とソースコード自由に利用可能を誰にでも利用、楽しめ、そして改良できることによって実現しました。

Seleniumはウェブプラットフォームの自動化のより開かれた議論をするためブラウザーベンダー、エンジニア、愛好家をまとめます。このプロジェクトはコミュニティーを導きと育成のために年次カンファレンス開催します。

Seleniumの中核はWebDriverであり、様々なブラウザーを変えてインストラクション集を実行できるインターフェースです。これは作りえる一番基本的な インストラクションの一つです:

package dev.selenium.hello;

import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

public class HelloSelenium {
    public static void main(String[] args) {
        WebDriver driver = new ChromeDriver();

        driver.get("https://selenium.dev");

        driver.quit();
    }
}
from selenium import webdriver


driver = webdriver.Chrome()

driver.get("http://selenium.dev")

driver.quit()
using OpenQA.Selenium.Chrome;

namespace SeleniumDocs.Hello
{
    public class HelloSelenium
    {
        public static void Main()
        {
            var driver = new ChromeDriver();
            
            driver.Navigate().GoToUrl("https://selenium.dev");
            
            driver.Quit();
        }
    }
}
require 'selenium-webdriver'

driver = Selenium::WebDriver.for :chrome

driver.get 'https://selenium.dev'

driver.quit
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

(async function helloSelenium() {
    let driver = await new Builder().forBrowser('chrome').build();

    await driver.get('https://selenium.dev');

    await driver.quit();
})();
package dev.selenium.hello

import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

fun main() {
    val driver = ChromeDriver()

    driver.get("https://selenium.dev")

    driver.quit()
}

概要を参照して、さまざまなプロジェクトコンポーネントを確認し、 Seleniumが適切なツールであるかどうかを判断してください。

入門に進んで、 Seleniumをインストールし、テスト自動化ツールとして正常に使用する方法を理解し、 このような単純なテストをスケーリングして、複数のブラウザー、 複数の異なるオペレーティングシステムの大規模な分散環境で実行する必要があります。

1 - 概要

Seleniumはあなたに適していますか?さまざまなプロジェクトのコンポーネントの概要を参照してください。

Seleniumは一つのツールやAPIではありません。たくさんのツールから構成されています。

WebDriver

デスクトップのウェブサイトのテスト自動化をはじめるのなら、WebDriver APIを使いましょう。 WebDriver はブラウザ自動化のAPIを使用します。このAPIは、ブラウザをコントロールしてテストを実行するためにブラウザベンダーによって提供されています。これは現実のユーザーがブラウザを操作するかのように動きます。 WebDriverのAPIはアプリケーションのコードと一緒にコンパイルする必要がありませんから、全く邪魔になりません。 これによって、あなたは本番環境と同じアプリケーションをテストすることができます。

IDE

IDE (Integrated Development Environment: 統合開発環境)はSeleniumのテストケースを開発するためのツールです。 これは利用しやすいChromeとFirefoxの拡張機能であり、テストケースを開発するための一般に最も効率的なツールです。 IDEはあなたのブラウザ上で、その要素で定義されたパラメーターと共にSeleniumのコマンドを使いユーザーの動作を記録します。 これは時間の節約だけでなく、Seleniumスクリプトのシンタックスを学ぶための優れた方法です。

Grid

Selenium Grid を使用すると、さまざまなプラットフォームのさまざまなマシンでテストケースを実行できます。 テストケースの起動の制御はローカル端末で行われ、テストケースが起動されると、 リモート端末によって自動的に実行されます。

WebDriverテストの開発後、複数のブラウザーとオペレーティングシステムの組み合わせでテストを実行する必要が出てくる場合があります。 ここで Grid が登場します。

1.1 - コンポーネントを理解する

WebDriverを使ってテストスイートを構築するには、多くの異なるコンポーネントを理解し、効率的に使用する必要があります。 ソフトウェアのすべてがそうであるように、人によっては同じ概念に異なる用語を使用します。 以下は、本説明での用語の使用方法の内訳です。

用語

  • API: アプリケーション プログラミング インターフェイス。これはWebDriverを操作するために使用する"コマンド"をまとめたものです。
  • ライブラリ: APIとそれらを実装する必要なコードを含むコードモジュール。 ライブラリは各言語バインディング向けのものです。例 .jar files for Java, .dll files for .NET, など.
  • ドライバー: 実際のブラウザを制御します。 ほとんどのドライバーはブラウザベンダー自身が作成します。ドライバーは一般的にブラウザ自体を備えたシステムで実行される実行可能モジュールであり、テストスイートを実行するシステムにはありません。(ただし、それらは同じシステムであっても構いません。)注: 一部の人々はドライバーをプロキシと呼んでいます。
  • フレームワーク: WebDriverスイートのサポートとして使用する追加ライブラリ。これらのフレームワークは、JUnitやNUnitなどのテストフレームワークです。また、CucumberまたはRobotiumといった自然言語機能をサポートするフレームワークでもあります。フレームワークは、テスト対象のシステムの操作や構成、データ作成、テストオラクルなどに記述、利用されます。

部品構成

最低限、WebDriverはドライバーを経由してブラウザーと通信します。 コミュニケーションは双方向です:WebDriverは、ドライバーを経由してブラウザーにコマンドを渡し、同じルートを経由して情報を受け取ります。

基本通信

ドライバーは、ChromeDriver for GoogleのChrome/Chromium、MozillaのFirefox用GeckoDriverなどブラウザー固有のものです。 ドライバーはブラウザと同じシステムで動きます。これは、テスト自体を実行するところが同じシステムである場合とそうでない場合があります。

上記の簡単な例は 直接 通信です。ブラウザへのコミュニケーションは、Selenium ServerまたはRemoteWebDriverを経由した リモート 通信もできます。RemoteWebDriverは、ドライバーおよびブラウザと同じシステムで実行されます。

リモート通信

リモート通信は、ホストシステム上のドライバーと順に通信するSelenium ServerまたはSelenium Gridを使用して行うこともできます。

SeleniumGridを用いたリモート通信

どのフレームワークに適しているか

WebDriverには1つのジョブしかありません: 上記の任意のメソッドを経由してブラウザと通信します。WebDriverはテストに関することを知りません: WebDriverは物事を比較する方法、成功または失敗を確認する方法を知りません、そして、レポートや Given/When/Then 文法に関しても確実に知りません。

ここで、さまざまなフレームワークが登場します。 最低限必要なのは言語バインディングに一致するテストフレームワーク、例えば NUnit for .NET, JUnitfor Java, RSpec for Ruby などです。

テストフレームワークは、WebDriverおよびテストの関連手順の実行を担当します。 それは下記図に似ていると考えることができます。

テストフレームワーク

上図でCucumberなどの自然言語のフレームワーク/ツールがテストフレームワークボックスの一部として存在する場合があります、またはテストフレームワークを独自の実装で完全に密閉する場合があります。

1.2 - A Deeper Look

Seleniumはブラウザー自動化を可能にし、それを支えるツール群とライブラリー群のプロジェクトです。

Page being translated from English to Spanish. Do you speak Spanish? Help us to translate it by sending us pull requests!

Selenium controla los navegadores web

Selenium significa muchas cosas pero en su núcleo, es un conjunto de herramientas para la automatización de navegadores web que utiliza las mejores técnicas disponibles para controlar remotamente las instancias de los navegadores y emular la interacción del usuario con el navegador.

Permite a los usuarios simular interacciones básicas realizadas por los usuarios finales; insertando texto en los campos, seleccionando valores de menús desplegables y casillas de verificación, y haciendo clics en los enlaces de los documentos. También provee muchos otros controles tales como el movimiento del mouse, la ejecución arbitraria de JavaScript, y mucho más.

A pesar de que es usado principalmente para pruebas de front-end de sitios webs, Selenium es en esencia una librería de agente de usuario para el navegador. Las interfaces son ubicuas a su aplicación, lo que fomenta la composición con otras librerías para adaptarse a su propósito.

Una interfaz para gobernarlos a todos

Uno de los principios fundamentales del proyecto es permitir una interfaz común para todas las tecnologías de los (principales) navegadores. Los navegadores web son aplicaciones increíblemente complejas y de mucha ingeniería, realizando operaciones completamente diferentes pero que usualmente se ven iguales al hacerlo. Aunque el texto se presente con las mismas fuentes, las imágenes se muestren en el mismo lugar y los enlaces te llevan al mismo destino. Lo que sucede por debajo es tan diferente como la noche y el día. Selenium abstrae estas diferencias, ocultando sus detalles y complejidades a la persona que escribe el código. Esto le permite escribir varias líneas de código para realizar un flujo de trabajo complicado, pero estas mismas líneas se ejecutarán en Firefox, Internet Explorer, Chrome y los demás navegadores compatibles.

Herramientas y soporte

El diseño minimalista de Selenium le da la versatilidad para que se pueda incluir como un componente en otras aplicaciones. La infraestructura proporcionada debajo del catálogo de Selenium te da las herramientas para que puedas ensamblar tu grid de navegadores de modo que tus pruebas se puedan ejecutar en diferentes navegadores a través de diferente sistemas operativos y plataformas.

Imagina un banco de computadores en tu sala de servidores o en un centro de datos, todos ejecutando navegadores al mismo tiempo e interactuando con los enlaces en tu sitio web, formularios, y tablas—probando tu aplicación 24 horas al día. A través de la sencilla interfaz de programación proporcionada para los lenguajes más comunes, estas pruebas se ejecutarán incansablemente en paralelo, reportando cuando ocurran errores.

Es un objetivo ayudar a que esto sea una realidad para ti, proporcionando a los usuarios herramientas y documentación para controlar no solo los navegadores pero también para facilitar la escalabilidad e implementación de tales grids.

Quien utiliza Selenium

Muchas de las empresas más importantes del mundo han adoptado Selenium para sus pruebas basadas en navegador, a menudo reemplazando esfuerzos de años que involucran otras herramientas propietarias. A medida que ha crecido en popularidad, también se han multiplicado sus requisitos y desafíos.

A medida que la web se vuelve más complicada y se agregan nuevas tecnologías a los sitios web, la misión de este proyecto es mantenerse al día con ellos siempre que sea posible. Siendo un proyecto de código abierto, este apoyo se sustenta a través de la donación generosa de tiempo de muchos voluntarios, cada uno de los cuales tiene un “trabajo diurno”.

Otra misión del proyecto es alentar a más voluntarios a participar en este esfuerzo, y construir una comunidad fuerte para que el proyecto pueda seguir el ritmo de las tecnologías emergentes y seguir siendo una plataforma dominante para la automatización de pruebas funcionales.

2 - WebDriver

WebDriverはブラウザをネイティブに操作します。詳細については、こちらをご覧ください。

WebDriverは、ユーザーがローカルまたはSeleniumサーバーを使用するリモートマシンで行うように、ブラウザをネイティブに動かし、ブラウザの自動化に関して大きく前進します。

Selenium WebDriverは言語バインディングと個々のブラウザ制御コードの実装の両方を参照します。
これは通常、単に WebDriver と呼ばれます。

Selenium WebDriverは、W3C勧告です。

  • WebDriverはシンプルでより簡潔なプログラミングインターフェイスとして設計されています。

  • WebDriverはコンパクトなオブジェクト指向APIです。

  • ブラウザーを効果的に動かします。

2.1 - 入門

Seleniumを初めて使用する場合は、すぐに習得するのに役立つリソースがいくつかあります。

Seleniumは市場で主要なブラウザの全てを WebDriver を使うことでサポートしています。 WebDriverとはAPI群とプロトコルです。これらはウェブブラウザの動作をコントロールするための言語中立なインターフェイスを定義しています。 それぞれのブラウザは特定のWebDriverの実装を持っており、これらは driver と呼ばれます。 driverはブラウザに委譲する責務を持つコンポーネントであり、Seleniumとブラウザ間の通信を処理します。

この分離は、ブラウザベンダーに自分たちのブラウザでの実装の責任を持たせるための意図的な努力のひとつです。 Seleniumは可能な場合これらのサードパーティ製のdriverを使いますが、それが現実的でない場合のためにプロジェクトでメンテナンスしているdriverも提供しています。

Seleniumフレームワークはこれら全ての要素をユーザ向けのインターフェイスを通して結びつけます。このインターフェイスは異なるブラウザバックエンドを透過的に使えるようにし、クロスブラウザ・クロスプラットフォームの自動化を可能にします。

Seleniumのセットアップは他の商用ツールと少し違います。自動化プロジェクトでSeleniumを使うためには、選択した言語の言語バインディングライブラリをインストールする必要があります。加えて、自動化でテストを実行したいブラウザのWebDriverバイナリも必要となります。

Seleniumのインストールは、次の3つのステップに分類することができます。

  1. 希望するプログラミング言語のSeleniumライブラリをインストールする。
  2. ブラウザを自動化するようにブラウザードライバを設定する。(例:Firefox用のGeckoDriver)
  3. (オプション)テストをスケールアップする場合は、Selenium Gridをセットアップして構成する。

ローコード/記録および再生ツールから始めたい場合は、Selenium IDE をチェックしてください。

セットアップが完了したら、ドキュメントのトップページに表示されているコードスニペットを実行できます。 次に、WebDriverの章に移動して、Seleniumを使用したブラウザーの自動化について詳しく学びます。

2.1.1 - Seleniumライブラリのインストール

お気に入りのプログラミング言語用にSeleniumライブラリを設定します。

最初にあなたの自動化プロジェクトにSeleniumのバインディングをインストールする必要があります。 インストールの方法は選択した言語によって異なります。

JavaへのSeleniumライブラリのインストールはMavenを使います。 プロジェクトのpom.xmlに selenium-java の依存関係を追加してください。

<dependency>
  <groupId>org.seleniumhq.selenium</groupId>
  <artifactId>selenium-java</artifactId>
  <version>4.X</version>
</dependency>

selenium-java 依存関係は、Seleniumがサポートする全てのブラウザを自動化プロジェクトで実行できるようにします。 もし特定のブラウザだけでテストを実行したい場合は、そのブラウザの依存関係を pom.xml ファイルに追加することができます。 例えば、Firefoxのみでテストを実行するためには下記の依存関係を pom.xml ファイルに追加します。

<dependency>
  <groupId>org.seleniumhq.selenium</groupId>
  <artifactId>selenium-firefox-driver</artifactId>
  <version>4.X</version>
</dependency>

同じように、Chromeのみでテストを実行するためには下記の依存関係を追加します。

<dependency>
  <groupId>org.seleniumhq.selenium</groupId>
  <artifactId>selenium-chrome-driver</artifactId>
  <version>3.X</version>
</dependency>

PythonへのSeleniumライブラリのインストールはpipを使います。

pip install selenium

また、PyPI source archive (selenium-x.x.x.tar.gz)をダウンロードして、 setup.py でインストールすることもできます。

python setup.py install

C#へのSeleniumライブラリのインストールはNuGetを使います。

# Using package manager
Install-Package Selenium.WebDriver
# or using .Net CLI
dotnet add package Selenium.WebDriver

Supported .NET Versions

Make sure to use the .NET SDK version compatible with relevant Selenium package. Check the dependencies section to find out the supported .NET version. At the time of this update, .NET 5.0 (Visual Studio 2019) is known to be supported, and .NET 6.0 is not supported. You can download MSBuild Tools 2019 from here to install the needed components and dependencies such as .NET SDK and NuGet Package Manager.

Using Visual Studio Code (vscode) and C#

This is a quick guide to help you get started with vscode and C#, however, more research may be required. Install the compatible .NET SDK as per the section above. Also install the vscode extensions (Ctrl-Shift-X) for C# and NuGet. Follow the instruction here to create and run the “Hello World” console project using C#. You may also create a NUnit starter project using the command line dotnet new NUnit. Make sure the file %appdata%\NuGet\nuget.config is configured properly as some developers reported that it will be empty due to some issues. If nuget.config is empty, or not configured properly, then .NET builds will fail for Selenium Projects. Add the following section to the file nuget.config if it is empty:

<configuration>
  <packageSources>
    <add key="nuget.org" value="https://api.nuget.org/v3/index.json" protocolVersion="3" />
    <add key="nuget.org" value="https://www.nuget.org/api/v2/" />   
  </packageSources>
...

For more info about nuget.config click here. You may have to customize nuget.config to meet you needs.

Now, go back to vscode, press Ctrl-Shift-P, and type “NuGet Add Package”, and enter the required Selenium packages such as Selenium.WebDriver. Press Enter and select the version. Now you can use the examples in the documentation related to C# with vscode.

RubyへのSeleniumライブラリのインストールはgemを使います。

gem install selenium-webdriver

JavaScriptへのSeleniumライブラリのインストールはnpmを使います。

npm install selenium-webdriver
Kotlinのネイティブ言語バインディングが欠落しているため、Javaバインディングを使用する必要があります。 例えば、 maven Java を使用します。

Next Step

Install the browser drivers

2.1.2 - ブラウザーのドライバーをインストールする

自動化するブラウザを設定する。

Seleniumは、WebDriverを介して、Chrome/Chromium、Firefox、Internet Explorer、Edge、Opera、Safari などの市場にあるすべての主要なブラウザーをサポートします。 可能な場合、WebDriverは、ブラウザーに組み込まれている自動化のサポートを使用してブラウザーを動かします。

Internet Explorerを除くすべてのドライバーの実装は、ブラウザーベンダー自身によって提供されているため、 標準のSeleniumディストリビューションには含まれていません。 この章では、さまざまなブラウザを使い始めるための基本的な要件について説明します。

Read about more advanced options for starting a driver in our driver configuration documentation.

クイックリファレンス

ブラウザーサポートするOS維持管理機関ダウンロードイシュートラッカー
Chromium/ChromeWindows/macOS/LinuxGoogleDownloadsIssues
FirefoxWindows/macOS/LinuxMozillaDownloadsIssues
EdgeWindows/macOSMicrosoftDownloadsIssues
Internet ExplorerWindowsSelenium ProjectDownloadsIssues
SafarimacOS High Sierra and newerAppleBuilt inIssues

Note: The Opera driver does not support w3c syntax, so we recommend using chromedriver to work with Opera. See the code example for opening an Opera browser

ドライバーを使用する3つの方法

1. ドライバー管理ソフトウェア

ほとんどのマシンはブラウザを自動的に更新しますが、ドライバは更新しません。 ブラウザに適切なドライバを確実に入手するために、多くのサードパーティライブラリが役立ちます。

// Use WebDriver Manager: https://github.com/bonigarcia/webdrivermanager

// Import WebDriver Manager:
import io.github.bonigarcia.wdm.WebDriverManager;

// Call setup() method for the browser driver you want:
WebDriverManager.chromedriver().setup();

// Initialize your driver as you normally would:
ChromeDriver driver = new ChromeDriver();
# Use Webdriver Manager for Python: https://github.com/SergeyPirogov/webdriver_manager

# Import code:
from selenium import webdriver
from webdriver_manager.chrome import ChromeDriverManager
from selenium.webdriver.chrome.service import Service

# Use the `install()` method to set `executabe_path` in a new `Service` instance:
service = Service(executable_path=ChromeDriverManager().install())

# Pass in the `Service` instance with the `service` keyword: 
driver = webdriver.Chrome(service=service)
// Use WebDriver Manager Package: https://github.com/rosolko/WebDriverManager.Net

// Import the dependencies:
using WebDriverManager;
using WebDriverManager.DriverConfigs.Impl;

// Use the `SetUpDriver()` which requires a config class:
new DriverManager().SetUpDriver(new ChromeConfig());

// Initialize your driver as you normally would:
var driver = new ChromeDriver()
# Use webdrivers gem: https://github.com/titusfortner/webdrivers

# Add gem to Gemfile:
gem 'webdrivers', '~> 5.0'

# Require webdrivers in your project:
require 'webdrivers'

# Initialize driver as you normally would:
driver = Selenium::WebDriver.for :chrome
// There is not a recommended driver manager for JavaScript at this time
// Use WebDriverManager: https://github.com/bonigarcia/webdrivermanager

// Import the library
import io.github.bonigarcia.wdm.WebDriverManager

// Call the setup method before initializing the driver as you normally would:
fun chrome(): WebDriver {
    WebDriverManager.chromedriver().setup()
    return ChromeDriver()
}

2. PATH 環境変数

このオプションでは、最初に手動でドライバーをダウンロードする必要があります (リンクについてはクイックリファレンスを参照してください)。

これは、コードを更新せずにドライバーの場所を変更するための柔軟なオプションであり、各マシンがドライバーを同じ場所に配置する必要なく、複数のマシンで機能します。

PATH にすでにリストされているディレクトリにドライバを配置するか、ディレクトリに配置して PATH に追加することができます。

  • すでに PATH にあるディレクトリを確認するには、コマンドプロンプト/ターミナルを開いて次のように入力します。
echo $PATH 
echo %PATH%

* ドライバを配置するディレクトリがまだPATHにない場合は、次のディレクトリを追加する必要があります。
export PATH=$PATH:/opt/WebDriver/bin >> ~/.profile
setx PATH "%PATH%;C:\WebDriver\bin"

* ドライバを起動することで、正しく追加されているかどうかをテストできます。
 chromedriver
  • If your PATH is configured correctly,
  • PATH が正しく構成されている場合、ドライバーの起動に関連する出力が表示されます。
Starting ChromeDriver 95.0.4638.54 (d31a821ec901f68d0d34ccdbaea45b4c86ce543e-refs/branch-heads/4638@{#871}) on port 9515
Only local connections are allowed.
Please see https://chromedriver.chromium.org/security-considerations for suggestions on keeping ChromeDriver safe.
ChromeDriver was started successfully.

Ctrl+C を押して、コマンドプロンプトの制御を取り戻すことができます。

3. ハードコードされた場所

上記のオプション2と同様に、ドライバーを手動でダウンロードする必要があります。 (リンクについては クイックリファレンス を参照してください)。 コードそのものに場所を指定することには、システム上の環境変数を把握する必要がないという利点がありますが、 コードの柔軟性が大幅に低下するという欠点があります。

System.setProperty("webdriver.chrome.driver","/opt/WebDriver/bin/chromedriver");
ChromeDriver driver = new ChromeDriver();
service = Service(executable_path="/opt/WebDriver/bin/chromedriver")
driver = webdriver.Chrome(service=service)
var driver = new ChromeDriver(@"C:\WebDriver\bin");
service = Selenium::WebDriver::Service.chrome(path: '/opt/WebDriver/bin/chromedriver')
driver = Selenium::WebDriver.for :chrome, service: service
const {Builder} = require('selenium-webdriver');
const chrome = require('selenium-webdriver/chrome');

const service = new chrome.ServiceBuilder('/opt/WebDriver/bin/chromedriver');
const driver = new Builder().forBrowser('chrome').setChromeService(service).build();
// Please raise a PR to add code sample

ブラウザの起動

Chromium/Chrome

デフォルトでは、Selenium4はChromev75以降と互換性があります。 Chromeのバージョンとchromedriverのバージョンはメジャーバージョンと一致する必要があることに注意してください。 該当するダウンロードリンクについては、クイックリファレンスを参照してください。

Chromeの起動方法の例は、前章、つまり詳しく説明したドライバーを使用する3つの方法に記載されています。

System.setProperty("webdriver.chrome.driver","/path/to/chromedriver");
ChromeDriver driver = new ChromeDriver();
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

fun main(args: Array<String>) {
  System.setProperty("webdriver.chrome.driver", "/path/to/chromedriver")
  val driver = ChromeDriver()
}

Edge

Microsoft Edgeは、サポートされている最も古いバージョンのv79を使用してChromiumで実装されています。 Chromeと同様に、Edgeのバージョンとedgedriverのバージョンはメジャーバージョンと一致する必要があります。 該当するダウンロードリンクについては、クイックリファレンスを参照してください。

import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.edge.EdgeDriver;

WebDriver driver = new EdgeDriver();
from selenium.webdriver import Edge

driver = Edge()
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Firefox;

IWebDriver driver = new EdgeDriver();
require "selenium-webdriver"

driver = Selenium::WebDriver.for :edge
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

var driver = new Builder().forBrowser('edge').build();
import org.openqa.selenium.WebDriver
import org.openqa.selenium.Edge.EdgeDriver

val driver: WebDriver = EdgeDriver()

Firefox

Selenium4にはFirefox78以降が必要です。 常に最新バージョンのgeckodriverを使用することをお勧めします。 該当するダウンロードリンクについては、クイックリファレンスを参照してください。

import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver;

WebDriver driver = new FirefoxDriver();
  
from selenium.webdriver import Firefox

driver = Firefox()
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Firefox;

IWebDriver driver = new FirefoxDriver();
  
require "selenium-webdriver"

driver = Selenium::WebDriver.for :firefox
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

var driver = new Builder().forBrowser('firefox').build();
 
import org.openqa.selenium.WebDriver
import org.openqa.selenium.Firefox.FirefoxDriver

val driver: WebDriver = FirefoxDriver()
  

Internet Explorer

Seleniumプロジェクトは、 Microsoftがカレントバージョンとみなすもの と同じリリースをサポートすることを目的としています。 古いリリースは機能する可能性がありますが、サポートされません。 Internet Explorer 11は、2022年6月15日にWindows 10を含む特定のオペレーティングシステムのサポートを終了することに注意してください。Edgeには、引き続きサポートされるIE互換モードがあります。

IEドライバーは、Seleniumプロジェクトによって直接維持される唯一のドライバーです。 Internet Explorerの32ビットバージョンと64ビットバージョンの両方のバイナリを使用できますが、 64ビットドライバーにはいくつかの制限があります。 そのため、32ビットドライバを使用することをお勧めします。 Internet Explorerの設定はログインしたユーザーのアカウントに対して保存されるため、追加の設定が必要になることに注意してください。

Internet Explorerの使用に関する追加情報は、Selenium wikiにあり、 該当するダウンロードリンクのクイックリファレンスを参照してください。

import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerDriver;

WebDriver driver = new InternetExplorerDriver();
  
from selenium.webdriver import Ie

driver = Ie()
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.IE;

IWebDriver driver = new InternetExplorerDriver();
  
require "selenium-webdriver"

driver = Selenium::WebDriver.for :ie
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

var driver = new Builder().forBrowser('internet explorer').build();
 
import org.openqa.selenium.WebDriver
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerDriver

val driver: WebDriver = InternetExplorerDriver()
  

Opera

Operaの現在のリリースはChromiumエンジン上に構築されており、 WebDriverはクローズドソースの Opera Chromium Driver を介してサポートされるようになりました。

import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.opera.OperaDriver;

WebDriver driver = new OperaDriver();
  
from selenium.webdriver import Opera

driver = Opera()
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Opera;

IWebDriver driver = new OperaDriver();
  
# Not currently implemented
  
const {Builder} = require("selenium-webdriver");

var driver = new Builder().forBrowser('opera').build();
  
import org.openqa.selenium.WebDriver
import org.openqa.selenium.opera.OperaDriver

val driver: WebDriver = OperaDriver()
  

Safari

ChromiumおよびFirefoxドライバーとは異なり、safaridriverはオペレーティングシステムとともにインストールされます。 Safariで自動化を有効にするには、ターミナルから次のコマンドを実行します。

safaridriver --enable
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.safari.SafariDriver;

WebDriver driver = new SafariDriver();
  
from selenium.webdriver import Safari

driver = Safari()
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Safari;

IWebDriver driver = new SafariDriver();
  
require "selenium-webdriver"

driver = Selenium::WebDriver.for :safari
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

var driver = new Builder().forBrowser('safari').build();
  
import org.openqa.selenium.WebDriver
import org.openqa.selenium.safari.SafariDriver

val driver: WebDriver = SafariDriver()
  

iOSでSafariを自動化することを検討している人は、Appiumプロジェクトを検討する必要があります。

2.1.3 - Open and close a browser with Selenium

Code examples for starting and stopping a session with each browser.

Once you have a Selenium library installed, and your desired browser driver, you can start and stop a session with a browser.

Typically, browsers are started with specific options that describe which capabilities the browser must support, and how the browser should behave during the session. Some capabilities are shared by all browsers, and some will be specific to the browser being used. This page will show examples of starting a browser with the default capabilities.

After learning how to start a session, check out the next session on how to write your first Selenium script

Chrome

By default, Selenium 4 is compatible with Chrome v75 and greater. Note that the version of the Chrome browser and the version of chromedriver must match the major version.

In addition to the shared capabilities, there are specific Chrome capabilities that can be used.

  ChromeOptions options = new ChromeOptions();
  driver = new ChromeDriver(options);
  
  driver.quit();
  
  options = ChromeOptions()
  driver = webdriver.Chrome(options=options)

  driver.quit()
  
  var options = new ChromeOptions();
  var driver = new ChromeDriver(options);

  driver.Quit();
  
  options = Selenium::WebDriver::Options.chrome
  driver = Selenium::WebDriver.for :chrome, options: options

  driver.quit
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');
const chrome = require('selenium-webdriver/chrome');

(async function openChromeTest() {
  try {
    let options = new chrome.Options();
    let driver = await new Builder()
                .setChromeOptions(options)
                .forBrowser('chrome')
                .build();
    await driver.get('https://www.google.com');
    await driver.quit();
  } catch (error) {
    console.log(error)
  }
})();
  val options = ChromeOptions()
  val driver = ChromeDriver(options)

  driver.quit()
  

Edge

Microsoft Edge is implemented with Chromium, with the earliest supported version of v79. Similar to Chrome, the major version number of edgedriver must match the major version of the Edge browser.

  EdgeOptions options = new EdgeOptions();
  driver = new EdgeDriver(options);

  driver.quit();
  
  options = EdgeOptions()
  driver = webdriver.Edge(options=options)

  driver.quit()
  
  var options = new EdgeOptions();
  var driver = new EdgeDriver(options);
  
  driver.Quit();
  
  options = Selenium::WebDriver::Options.edge
  driver = Selenium::WebDriver.for :edge, options: options

  driver.quit
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');
const edge = require('selenium-webdriver/edge');

(async function openEdgeTest() {
  try {
    let options = new edge.Options();
    let driver = await new Builder()
                .setChromeOptions(options)
                .forBrowser('edge')
                .build();
    await driver.get('https://www.google.com');
    await driver.quit();
  } catch (error) {
    console.log(error)
  }
})();
  val options = EdgeOptions()
  val driver = EdgeDriver(options)

  driver.quit()
  

Firefox

Selenium 4 requires Firefox 78 or greater. It is recommended to always use the latest version of geckodriver.

  FirefoxOptions options = new FirefoxOptions();
  driver = new FirefoxDriver(options);

  driver.quit();
  
  options = FirefoxOptions()
  driver = webdriver.Firefox(options=options)

  driver.quit()
  
  var options = new FirefoxOptions();
  var driver = new FirefoxDriver(options);
  
  driver.Quit();
  
  options = Selenium::WebDriver::Options.firefox
  driver = Selenium::WebDriver.for :firefox, options: options

  driver.quit
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');
const firefox = require('selenium-webdriver/firefox');

(async function openFirefoxTest() {
  try {
    let options = new firefox.Options();
    let driver = await new Builder()
                .setChromeOptions(options)
                .forBrowser('firefox')
                .build();
    await driver.get('https://www.google.com');
    await driver.quit();
  } catch (error) {
    console.log(error)
  }
})();
  val options = FirefoxOptions()
  val driver = FirefoxDriver(options)

  driver.quit()
  

Internet Explorer

The IE Driver is the only driver maintained by the Selenium Project directly. While binaries for both the 32-bit and 64-bit versions of Internet Explorer are available, there are some limitations with the 64-bit driver. As such it is recommended to use the 32-bit driver.

Legacy

The Selenium project aims to support the same releases that Microsoft considers current. Older releases may work, but will not be supported. Note that Internet Explorer 11 will end support for certain operating systems, including Windows 10 on June 15, 2022.

It should be noted that as Internet Explorer preferences are saved against the logged-in user’s account, some additional setup is required.

Additional information about using Internet Explorer can be found on the Selenium wiki

  InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
  driver = new InternetExplorerDriver(options);

  driver.quit();
  
  options = IEOptions()
  driver = webdriver.Ie(options=options)

  driver.quit()
  
  var options = new InternetExplorerOptions();
  var driver = new InternetExplorerDriver(options);
  
  driver.Quit();
  
  options = Selenium::WebDriver::Options.ie
  driver = Selenium::WebDriver.for :ie, options: options

  driver.quit
  
  const { Builder } = require("selenium-webdriver");
  const ie = require('selenium-webdriver/ie');

  let options = new ie.Options();
  let driver = await new Builder()
    .forBrowser('internetExplorer')
    .setIeOptions(options)
    .build();

  await driver.quit();
 
  val options = InternetExplorerOptions()
  val driver = InternetExplorerDriver(options)

  driver.quit()
  

Compatibility Mode

Microsoft Edge can be used in IE compatibility mode using the IE Driver.

  InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
  options.attachToEdgeChrome();
  options.withEdgeExecutablePath("/path/to/edge/browser");
  
  driver = new InternetExplorerDriver(options);
  
  driver.quit();
  
  options = IEOptions()
  options.attach_to_edge_chrome = True
  options.edge_executable_path = "/path/to/edge/browser"
  driver = webdriver.Ie(options=options)

  driver.quit()
  
  var options = new InternetExplorerOptions
  {
    AttachToEdgeChrome = true,
    EdgeExecutablePath = "/path/to/edge/browser"
  };
  var driver = new InternetExplorerDriver(options);
  
  driver.Quit();
  
  options = Selenium::WebDriver::Options.ie
  options.attach_to_edge_chrome = true
  options.edge_executable_path = "/path/to/edge/browser"
  driver = Selenium::WebDriver.for :ie, options: options

  driver.quit
  
  let options = new ie.Options();
  options.setEdgeChromium(true);
  options.setEdgePath("/path/to/edge/browser);

  let driver = await new Builder()
    .forBrowser('internet explorer')
    .setIEOptions(options)
    .build();

  await driver.quit();
  
  val options = InternetExplorerOptions()
  options.attachToEdgeChrome()
  options.withEdgeExecutablePath("/path/to/edge/browser")
  val driver = InternetExplorerDriver(options)

  driver.quit()
  

Opera

Since the opera driver does not support w3c syntax, but is based on Chromium, it is recommended to drive Opera browser with the chromedriver. Like all Chromium implementations, make sure that the browser version matches the driver version.

  ChromeOptions options = new ChromeOptions();
  options.setBinary("/path/to/opera/browser");
  
  driver = new ChromeDriver(options);
  
  driver.quit();
  
  options = ChromeOptions()
  options.binary_location = "path/to/opera/browser"
  driver = webdriver.Chrome(options=options)

  driver.quit()
  
  var options = new ChromeOptions
  {
    BinaryLocation = "/path/to/opera/browser"
  };
  var driver = new ChromeDriver(options);
  
  driver.Quit();
  
  options = Selenium::WebDriver::Options.chrome
  options.binary = '/path/to/opera/browser'
  driver = Selenium::WebDriver.for :chrome, options: options

  driver.quit
  
  const { Builder } = require("selenium-webdriver");
  const chrome = require('selenium-webdriver/chrome');

  let options = new chrome.Options();
  options.setChromeBinaryPath("/path/to/opera/browser");

  let driver = await new Builder()
    .forBrowser('chrome')
    .setChromeOptions(options)
    .build();

  await driver.quit();
  
  val options = ChromeOptions()
  options.setBinary("/path/to/opera/browser")
  val driver = ChromeDriver(options)
  
  driver.quit()
  

Safari

Desktop

Unlike Chromium and Firefox drivers, the safaridriver is installed with the Operating System. To enable automation on Safari, run the following command from the terminal:

safaridriver --enable
  SafariOptions options = new SafariOptions();
  driver = new SafariDriver(options);
  
  driver.quit();
  driver = webdriver.Safari()

  driver.quit()
  
  var options = new SafariOptions();
  var driver = new SafariDriver(options);

  driver.Quit();
  
  options = Selenium::WebDriver::Options.safari
  driver = Selenium::WebDriver.for :safari, options: options

  driver.quit
  
  const { Builder } = require("selenium-webdriver");
  const safari = require('selenium-webdriver/safari');

  let options = new safari.Options();
  let driver = await new Builder()
    .forBrowser('safari')
    .setSafariOptions(options)
    .build();

  await driver.quit();
  
  val options = SafariOptions()
  val driver = SafariDriver(options)

  driver.quit()
  

Mobile

Those looking to automate Safari on iOS should look to the Appium project.

Next Step

Create your first Selenium script

2.1.4 - 最初のSeleniumスクリプトを書く

Seleniumスクリプトを作成するための段階的な説明

Seleniumをインストールし、 ドライバーをインストールすると、Seleniumコードを書く準備が整います。

Eight Basic Components

Seleniumが行うことはすべて、ブラウザコマンドを送信して、何かを実行したり、情報の要求を送信したりすることです。 Seleniumで行うことのほとんどは、次の基本的なコマンドの組み合わせです。

1. ドライバーインスタンスでセッションを開始します

For more details on starting a session read our documentation on opening and closing a browser

        driver = new ChromeDriver();
    driver = webdriver.Chrome()
            var driver = new ChromeDriver();
    driver = Selenium::WebDriver.for :chrome
    let driver = await new Builder().forBrowser('chrome').build();
        driver = ChromeDriver()

2. Take action on browser

In this example we are ブラウザがナビゲートするコマンドを送信します

        driver.get("https://google.com");
    driver.get("https://google.com")
            driver.Navigate().GoToUrl("https://google.com");
    driver.get('https://google.com')
    await driver.get('https://www.google.com');
        driver.get("https://google.com")

3. ブラウザに関する情報をリクエストします

There are a bunch of types of information about the browser you can request, including window handles, browser size / position, cookies, alerts, etc.

        String title = driver.getTitle();
    title = driver.title
            var title = driver.Title;
    title = driver.title
    await driver.getTitle();
        title = driver.title

4. Establish Waiting Strategy

Synchronizing the code with the current state of the browser is one of the biggest challenges with Selenium, and doing it well is an advanced topic.

Essentially you want to make sure that the element is on the page before you attempt to locate it and the element is in an interactable state before you attempt to interact with it.

An implicit wait is rarely the best solution, but it’s the easiest to demonstrate here, so we’ll use it as a placeholder.

Read more about Waiting strategies.

        driver.manage().timeouts().implicitlyWait(Duration.ofMillis(500));
    driver.implicitly_wait(0.5)
            driver.Manage().Timeouts().ImplicitWait = TimeSpan.FromMilliseconds(500);
    driver.manage.timeouts.implicit_wait = 500
    driver.manage().setTimeouts({implicit: 1000})
        driver.manage().timeouts().implicitlyWait(Duration.ofMillis(500))

5. 要素を検索するためのコマンドを送信します

The majority of commands in most Selenium sessions are element related, and you can’t interact with one without first finding an element

        WebElement searchBox = driver.findElement(By.name("q"));
        WebElement searchButton = driver.findElement(By.name("btnK"));
    search_box = driver.find_element(by=By.NAME, value="q")
    search_button = driver.find_element(by=By.NAME, value="btnK")
            var searchBox = driver.FindElement(By.Name("q"));
            var searchButton = driver.FindElement(By.Name("btnK"));
    search_box = driver.find_element(name: 'q')
    search_button = driver.find_element(name: 'btnK')
    let searchBox = await driver.findElement(By.name('q'));
    let searchButton = await driver.findElement(By.name('btnK'));
        var searchBox = driver.findElement(By.name("q"))
        val searchButton = driver.findElement(By.name("btnK"))

6. 要素に対してアクションを実行する

There are only a handful of actions to take on an element, but you will use them frequently.

        searchBox.sendKeys("Selenium");
        searchButton.click();
    search_box.send_keys("Selenium")
    search_button.click()
            searchBox.SendKeys("Selenium");
            searchButton.Click();
    search_box.send_keys('Selenium')
    search_button.click
    await searchBox.sendKeys('Selenium');
    await searchButton.click();
        searchBox.sendKeys("Selenium")
        searchButton.click()

7. 要素に関する情報をリクエストします

Elements store a lot of information that can be requested. Notice that we need to relocate the search box because the DOM has changed since we first located it.

        String value = searchBox.getAttribute("value");
    value = search_box.get_attribute("value")
            var value = searchBox.GetAttribute("value");
    value = search_box.attribute('value')
    let value = search_box.getAttribute("value");
        val value = searchBox.getAttribute("value")

8. セッションを終了します

This ends the driver process, which by default closes the browser as well. No more commands can be sent to this driver instance.

        driver.quit();
    driver.quit()
            driver.Quit();
    await driver.quit();
        driver.quit()

Putting everything together

これらの8つを組み合わせて、使う必要のあるライブラリを含む完全なスクリプトにしましょう。

package dev.selenium.getting_started;

import org.junit.jupiter.api.Assertions;
import org.junit.jupiter.api.Test;
import org.openqa.selenium.By;
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.WebElement;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

import java.time.Duration;

public class FirstScriptTest {
    public WebDriver driver;

    @Test
    public void eightComponents() {
        driver = new ChromeDriver();

        driver.get("https://google.com");

        String title = driver.getTitle();
        Assertions.assertEquals("Google", title);

        driver.manage().timeouts().implicitlyWait(Duration.ofMillis(500));

        WebElement searchBox = driver.findElement(By.name("q"));
        WebElement searchButton = driver.findElement(By.name("btnK"));

        searchBox.sendKeys("Selenium");
        searchButton.click();

        searchBox = driver.findElement(By.name("q"));
        String value = searchBox.getAttribute("value");
        Assertions.assertEquals("Selenium", value);

        driver.quit();
    }
}
from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.common.by import By


def test_eight_components():
    driver = webdriver.Chrome()

    driver.get("https://google.com")

    title = driver.title
    assert title == "Google"

    driver.implicitly_wait(0.5)

    search_box = driver.find_element(by=By.NAME, value="q")
    search_button = driver.find_element(by=By.NAME, value="btnK")

    search_box.send_keys("Selenium")
    search_button.click()

    search_box = driver.find_element(by=By.NAME, value="q")
    value = search_box.get_attribute("value")
    assert value == "Selenium"

    driver.quit()
using System;
using Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting;
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;

namespace SeleniumDocs.GettingStarted
{
    [TestClass]
    public class FirstScriptTest
    {

        [TestMethod]
        public void ChromeSession()
        {
            var driver = new ChromeDriver();

            driver.Navigate().GoToUrl("https://google.com");

            var title = driver.Title;
            Assert.AreEqual("Google", title);

            driver.Manage().Timeouts().ImplicitWait = TimeSpan.FromMilliseconds(500);

            var searchBox = driver.FindElement(By.Name("q"));
            var searchButton = driver.FindElement(By.Name("btnK"));
            
            searchBox.SendKeys("Selenium");
            searchButton.Click();
            
            searchBox = driver.FindElement(By.Name("q"));
            var value = searchBox.GetAttribute("value");
            Assert.AreEqual("Selenium", value);

            driver.Quit();
        }
    }
}
# frozen_string_literal: true

RSpec.describe 'First Script' do
  it 'uses eight components' do
    driver = Selenium::WebDriver.for :chrome

    driver.get('https://google.com')

    title = driver.title
    expect(title).to eq('Google')

    driver.manage.timeouts.implicit_wait = 500

    search_box = driver.find_element(name: 'q')
    search_button = driver.find_element(name: 'btnK')

    search_box.send_keys('Selenium')
    search_button.click

    search_box = driver.find_element(name: 'q')
    value = search_box.attribute('value')
    expect(value).to eq('Selenium')

    driver.quit
  end
end
const {Builder, By, Key, until} = require('selenium-webdriver');

(async function firstScript() {
  try {
    let driver = await new Builder().forBrowser('chrome').build();

    await driver.get('https://www.google.com');

    await driver.getTitle();

    driver.manage().setTimeouts({implicit: 1000})

    let searchBox = await driver.findElement(By.name('q'));
    let searchButton = await driver.findElement(By.name('btnK'));

    await searchBox.sendKeys('Selenium');
    await searchButton.click();

    let search_box = driver.findElement(By.name('q'));
    let value = search_box.getAttribute("value");

    await driver.quit();
  } catch (error) {
    console.log(error)
  }
})();
package dev.selenium.getting_started

import io.github.bonigarcia.wdm.WebDriverManager
import org.junit.jupiter.api.*
import org.junit.jupiter.api.Assertions.assertEquals
import org.openqa.selenium.By
import org.openqa.selenium.WebDriver
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver
import java.time.Duration

@TestInstance(TestInstance.Lifecycle.PER_CLASS)
class FirstScriptTest {
    private lateinit var driver: WebDriver

    @Test
    fun eightComponents() {
        driver = ChromeDriver()

        driver.get("https://google.com")

        title = driver.title
        assertEquals("Google", title)

        driver.manage().timeouts().implicitlyWait(Duration.ofMillis(500))

        var searchBox = driver.findElement(By.name("q"))
        val searchButton = driver.findElement(By.name("btnK"))

        searchBox.sendKeys("Selenium")
        searchButton.click()

        searchBox = driver.findElement(By.name("q"))
        val value = searchBox.getAttribute("value")
        assertEquals("Selenium", value)

        driver.quit()
    }
}

Next Steps

Take what you’ve learned and build out your Selenium code.

As you find more functionality that you need, read up on the rest of our WebDriver documentation.

2.1.5 - Selenium4にアップグレードする方法

Selenium 4に興味がありますか? 最新リリースへのアップグレードに役立つこのガイドを確認してください。

公式にサポートされている言語(Ruby、JavaScript、C#、Python、およびJava)のいずれかを使用している場合、 Selenium4へのアップグレードは簡単なプロセスです。 いくつかの問題が発生する可能性がある場合があるかもしれません。このガイドは、それらを整理するのに役立ちます。 プロジェクトの依存関係をアップグレードする手順を実行し、バージョンのアップグレードによってもたらされる主な非推奨と変更を理解します。

これが、Selenium4にアップグレードするために実行する手順です。

  • テストコードの準備
  • 依存関係のアップグレード
  • 潜在的なエラーと非推奨メッセージ

注:Selenium 3.xバージョンの開発中に、W3CWebDriver標準のサポートが実装されました。 この新しいプロトコルと従来のJSONワイヤープロトコルの両方がサポートされました。 バージョン3.11の前後で、SeleniumコードはレベルW3C1仕様に準拠するようになりました。 Selenium 3の最新バージョンのW3C準拠のコードは、Selenium4で期待どおりに機能します。

テストコードの準備

Selenium 4は、レガシープロトコルのサポートを削除し、内部でデフォルトでW3CWebDriver標準を使用します。 ほとんどの場合、この実装はエンドユーザーに影響を与えません。 主な例外は、Capabilitiesアクション クラスです。

Capabilities

テスト機能がW3Cに準拠するように構成されていない場合、セッションが開始されない可能性があります。 W3CWebDriverの標準機能のリストは次のとおりです。

  • browserName
  • browserVersion (version に変更)
  • platformName (platform に変更)
  • acceptInsecureCerts
  • pageLoadStrategy
  • proxy
  • timeouts
  • unhandledPromptBehavior

標準Capabilitiesの最新リストは、 W3C WebDriver にあります。

上記のリストに含まれていないCapabilitiesには、ベンダープレフィックスを含める必要があります。 これは、ブラウザ固有のCapabilitiesとクラウドベンダー固有のCapabilitiesに適用されます。 たとえば、クラウドベンダーがテストに build Capabilities と name Capabilitiesを使用している場合は、 それらを cloud:options ブロックでラップする必要があります(適切なプレフィックスについては、クラウドベンダーに確認してください)。

Before

DesiredCapabilities caps = DesiredCapabilities.firefox();
caps.setCapability("platform", "Windows 10");
caps.setCapability("version", "92");
caps.setCapability("build", myTestBuild);
caps.setCapability("name", myTestName);
WebDriver driver = new RemoteWebDriver(new URL(cloudUrl), caps);
caps = {};
caps['browserName'] = 'Firefox';
caps['platform'] = 'Windows 10';
caps['version'] = '92';
caps['build'] = myTestBuild;
caps['name'] = myTestName;
DesiredCapabilities caps = new DesiredCapabilities();
caps.SetCapability("browserName", "firefox");
caps.SetCapability("platform", "Windows 10");
caps.SetCapability("version", "92");
caps.SetCapability("build", myTestBuild);
caps.SetCapability("name", myTestName);
var driver = new RemoteWebDriver(new Uri(CloudURL), caps);
caps = Selenium::WebDriver::Remote::Capabilities.firefox
caps[:platform] = 'Windows 10'
caps[:version] = '92'
caps[:build] = my_test_build
caps[:name] = my_test_name
driver = Selenium::WebDriver.for :remote, url: cloud_url, desired_capabilities: caps
caps = {}
caps['browserName'] = 'firefox'
caps['platform'] = 'Windows 10'
caps['version'] = '92'
caps['build'] = my_test_build
caps['name'] = my_test_name
driver = webdriver.Remote(cloud_url, desired_capabilities=caps)

After

FirefoxOptions browserOptions = new FirefoxOptions();
browserOptions.setPlatformName("Windows 10");
browserOptions.setBrowserVersion("92");
Map<String, Object> cloudOptions = new HashMap<>();
cloudOptions.put("build", myTestBuild);
cloudOptions.put("name", myTestName);
browserOptions.setCapability("cloud:options", cloudOptions);
WebDriver driver = new RemoteWebDriver(new URL(cloudUrl), browserOptions);
capabilities = {
  browserName: 'firefox',
  browserVersion: '92',
  platformName: 'Windows 10',
  'cloud:options': {
     build: myTestBuild,
     name: myTestName,
  }
}
var browserOptions = new FirefoxOptions();
browserOptions.PlatformName = "Windows 10";
browserOptions.BrowserVersion = "92";
var cloudOptions = new Dictionary<string, object>();
cloudOptions.Add("build", myTestBuild);
cloudOptions.Add("name", myTestName);
browserOptions.AddAdditionalOption("cloud:options", cloudOptions);
var driver = new RemoteWebDriver(new Uri(CloudURL), browserOptions);
options = Selenium::WebDriver::Options.firefox
options.browser_version = 'latest'
options.platform_name = 'Windows 10'
cloud_options = {}
cloud_options[:build] = my_test_build
cloud_options[:name] = my_test_name
options.add_option('cloud:options', cloud_options)
driver = Selenium::WebDriver.for :remote, url: cloud_url, capabilities: options
from selenium.webdriver.firefox.options import Options as FirefoxOptions
options = FirefoxOptions()
options.browser_version = '92'
options.platform_name = 'Windows 10'
cloud_options = {}
cloud_options['build'] = my_test_build
cloud_options['name'] = my_test_name
options.set_capability('cloud:options', cloud_options)
driver = webdriver.Remote(cloud_url, options=options)

Javaで要素ユーティリティメソッドを検索する

Javaバインディング(FindsBy インターフェイス)の要素を検索するユーティリティメソッドは、内部使用のみを目的としていたため、削除されました。 次のコードサンプルは、これを分かりやすく説明しています。

findElement * で単一の要素を検索する。

Before

driver.findElementByClassName("className");
driver.findElementByCssSelector(".className");
driver.findElementById("elementId");
driver.findElementByLinkText("linkText");
driver.findElementByName("elementName");
driver.findElementByPartialLinkText("partialText");
driver.findElementByTagName("elementTagName");
driver.findElementByXPath("xPath");

After

driver.findElement(By.className("className"));
driver.findElement(By.cssSelector(".className"));
driver.findElement(By.id("elementId"));
driver.findElement(By.linkText("linkText"));
driver.findElement(By.name("elementName"));
driver.findElement(By.partialLinkText("partialText"));
driver.findElement(By.tagName("elementTagName"));
driver.findElement(By.xpath("xPath"));

findElements * で複数の要素を検索する。

Before

driver.findElementsByClassName("className");
driver.findElementsByCssSelector(".className");
driver.findElementsById("elementId");
driver.findElementsByLinkText("linkText");
driver.findElementsByName("elementName");
driver.findElementsByPartialLinkText("partialText");
driver.findElementsByTagName("elementTagName");
driver.findElementsByXPath("xPath");

After

driver.findElements(By.className("className"));
driver.findElements(By.cssSelector(".className"));
driver.findElements(By.id("elementId"));
driver.findElements(By.linkText("linkText"));
driver.findElements(By.name("elementName"));
driver.findElements(By.partialLinkText("partialText"));
driver.findElements(By.tagName("elementTagName"));
driver.findElements(By.xpath("xPath"));

依存関係のアップグレード

以下のサブセクションを確認してSelenium4をインストールし、プロジェクトの依存関係をアップグレードしてください。

Java

Seleniumをアップグレードするプロセスは、使用されているビルドツールによって異なります。 Javaで最も一般的なものであるMavenGradleについて説明します。 必要なJavaの最小バージョンはまだ8です。

Maven

Before

<dependencies>
  <!-- more dependencies ... -->
  <dependency>
    <groupId>org.seleniumhq.selenium</groupId>
    <artifactId>selenium-java</artifactId>
    <version>3.141.59</version>
  </dependency>
  <!-- more dependencies ... -->
</dependencies>

After

<dependencies>
    <!-- more dependencies ... -->
    <dependency>
        <groupId>org.seleniumhq.selenium</groupId>
        <artifactId>selenium-java</artifactId>
        <version>4.0.0</version>
    </dependency>
    <!-- more dependencies ... -->
</dependencies>

変更を加えた後、pom.xml ファイルと同じディレクトリで mvn clean compile を実行できます。

Gradle

Before

plugins {
    id 'java'
}
group 'org.example'
version '1.0-SNAPSHOT'
repositories {
    mavenCentral()
}
dependencies {
    testImplementation 'org.junit.jupiter:junit-jupiter-api:5.7.0'
    testRuntimeOnly 'org.junit.jupiter:junit-jupiter-engine:5.7.0'
    implementation group: 'org.seleniumhq.selenium', name: 'selenium-java', version: '3.141.59'
}
test {
    useJUnitPlatform()
}

After

plugins {
    id 'java'
}
group 'org.example'
version '1.0-SNAPSHOT'
repositories {
    mavenCentral()
}
dependencies {
    testImplementation 'org.junit.jupiter:junit-jupiter-api:5.7.0'
    testRuntimeOnly 'org.junit.jupiter:junit-jupiter-engine:5.7.0'
    implementation group: 'org.seleniumhq.selenium', name: 'selenium-java', version: '4.0.0'
}
test {
    useJUnitPlatform()
}

変更を加えた後、 build.gradle ファイルと同じディレクトリで ./gradlew cleanbuild を実行できます。

すべてのJavaリリースを確認するには、 MVNRepository にアクセスしてください。

C#

C#でSelenium4の更新を取得する場所は NuGet です。 Selenium.WebDriver パッケージの下で、最新バージョンに更新するための手順を入手できます。 Visual Studio内では、NuGetパッケージマネージャーを使用して次の操作を実行できます。

PM> Install-Package Selenium.WebDriver -Version 4.0.0

Python

Pythonを使用するための最も重要な変更は、最低限必要なバージョンです。 Selenium 4には、Python3.7以降が必要です。 詳細については、Python Package Indexを参照してください。 コマンドラインからアップグレードするには、次のコマンドを実行できます。

pip install selenium==4.0.0

Ruby

Selenium 4の更新の詳細は、RubyGemsのselenium-webdriverで確認できます。 最新バージョンをインストールするには、次のコマンドを実行できます。

gem install selenium-webdriver

Gemfileには下記のように追加します。

gem 'selenium-webdriver', '~> 4.0.0'

JavaScript

selenium-webdriverパッケージは、Nodeパッケージマネージャーのnpmjsにあります。 Selenium4はhereにあります。 これをインストールするには、次のいずれかを実行します。

npm install selenium-webdriver

または、package.jsonを更新して、 npm install を実行します。

{
  "name": "selenium-tests",
  "version": "1.0.0",
  "dependencies": {
    "selenium-webdriver": "^4.0.0"
  }
}

潜在的なエラーと非推奨メッセージ

これは、Selenium4にアップグレードした後に発生する可能性のある非推奨メッセージを克服するのに役立つ一連のコード例です。

Java

待機とタイムアウト

タイムアウトで受信するパラメーターは、期待値 (long time, TimeUnit unit) から期待値 (Duration duration) に替わりました。

Before

driver.manage().timeouts().implicitlyWait(10, TimeUnit.SECONDS);
driver.manage().timeouts().setScriptTimeout(2, TimeUnit.MINUTES);
driver.manage().timeouts().pageLoadTimeout(10, TimeUnit.SECONDS);

After

driver.manage().timeouts().implicitlyWait(Duration.ofSeconds(10));
driver.manage().timeouts().scriptTimeout(Duration.ofMinutes(2));
driver.manage().timeouts().pageLoadTimeout(Duration.ofSeconds(10));

現在、待機も異なるパラメーターを期待しています。 WebDriverWaitは、秒とミリ秒単位のタイムアウトに、 long ではなくDurationを期待するようになりました。 FluentWaitwithTimeout および pollingEvery ユーティリティメソッドは、期待値 (long time, TimeUnit unit) から (Duration duration) に替わりました。

Before

new WebDriverWait(driver, 3)
.until(ExpectedConditions.elementToBeClickable(By.cssSelector("#id")));

Wait<WebDriver> wait = new FluentWait<WebDriver>(driver)
  .withTimeout(30, TimeUnit.SECONDS)
  .pollingEvery(5, TimeUnit.SECONDS)
  .ignoring(NoSuchElementException.class);

After

new WebDriverWait(driver, Duration.ofSeconds(3))
  .until(ExpectedConditions.elementToBeClickable(By.cssSelector("#id")));

  Wait<WebDriver> wait = new FluentWait<WebDriver>(driver)
  .withTimeout(Duration.ofSeconds(30))
  .pollingEvery(Duration.ofSeconds(5))
  .ignoring(NoSuchElementException.class);

マージCapabilitiesは、もはや呼び出し元のオブジェクトを変更しなくなりました

以前は、別のCapabilitiesセットを別のセットにマージすることが可能であり、呼び出し元のオブジェクトを変更していました。 今は、ここで、マージ操作の結果を割り当てる必要があります。

Before

MutableCapabilities capabilities = new MutableCapabilities();
capabilities.setCapability("platformVersion", "Windows 10");
FirefoxOptions options = new FirefoxOptions();
options.setHeadless(true);
options.merge(capabilities);

As a result, the options object was getting modified.

After

MutableCapabilities capabilities = new MutableCapabilities();
capabilities.setCapability("platformVersion", "Windows 10");
FirefoxOptions options = new FirefoxOptions();
options.setHeadless(true);
options = options.merge(capabilities);

The result of the merge call needs to be assigned to an object.

古いFirefox

GeckoDriverが登場する前は、SeleniumプロジェクトにはFirefoxを自動化するためのドライバー実装がありました(バージョン<48)。 ただし、この実装は最近のバージョンのFirefoxでは機能しないため、もう必要ありません。 Selenium 4にアップグレードする際の大きな問題を回避するために、setLegacy オプションは非推奨として表示されます。 古い実装の使用をやめ、GeckoDriverのみに依存することをお勧めします。 次のコードは、アップグレード後に非推奨になったsetLegacy 行を示しています。

FirefoxOptions options = new FirefoxOptions();
options.setLegacy(true);

BrowserType

BrowserType インターフェースは長い間使用されてきましたが、新しい Browser インターフェースを優先して非推奨になります。

Before

MutableCapabilities capabilities = new MutableCapabilities();
capabilities.setCapability("browserVersion", "92");
capabilities.setCapability("browserName", BrowserType.FIREFOX);

After

MutableCapabilities capabilities = new MutableCapabilities();
capabilities.setCapability("browserVersion", "92");
capabilities.setCapability("browserName", Browser.FIREFOX);

C#

AddAdditionalCapability は非推奨になりました

その代わりに、 AddAdditionalOption をお勧めします。 これを示す例を次に示します。

Before

var browserOptions = new ChromeOptions();
browserOptions.PlatformName = "Windows 10";
browserOptions.BrowserVersion = "latest";
var cloudOptions = new Dictionary<string, object>();
browserOptions.AddAdditionalCapability("cloud:options", cloudOptions, true);

After

var browserOptions = new ChromeOptions();
browserOptions.PlatformName = "Windows 10";
browserOptions.BrowserVersion = "latest";
var cloudOptions = new Dictionary<string, object>();
browserOptions.AddAdditionalOption("cloud:options", cloudOptions);

Python

execute_pathは非推奨になりました。Serviceオブジェクトを渡してください

Selenium 4では、非推奨の警告を防ぐために、Serviceオブジェクトからドライバーの executable_path を設定する必要があります。 (または、PATHを設定せず、代わりに必要なドライバーがシステムPATH上にあることを確認してください。)

Before

from selenium import webdriver
options = webdriver.ChromeOptions()
options.add_experimental_option("excludeSwitches", ["enable-automation"])
options.add_experimental_option("useAutomationExtension", False)
driver = webdriver.Chrome(executable_path=CHROMEDRIVER_PATH, options=options)

After

from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.chrome.service import Service as ChromeService
options = webdriver.ChromeOptions()
options.add_experimental_option("excludeSwitches", ["enable-automation"])
options.add_experimental_option("useAutomationExtension", False)
service = ChromeService(executable_path=CHROMEDRIVER_PATH)
driver = webdriver.Chrome(service=service, options=options)

まとめ

Selenium 4にアップグレードする際に考慮すべき主な変更点を確認しました。 アップグレードのためにテストコードを準備する際にカバーするさまざまな側面について説明します。 これには、新しいバージョンのSeleniumを使用する時に発生する可能性のある潜在的な問題を防ぐ方法の提案も含まれます。 最後に、アップグレード後に発生する可能性のある一連の問題についても説明し、それらの問題に対する潜在的な修正を共有しました。

これは元々は https://saucelabs.com/resources/articles/how-to-upgrade-to-selenium-4 に投稿されました

2.2 - Capability

2.2.1 - 共通のCapability

これらのCapabilityはすべてのブラウザで共通です。

Selenium WebDriverで新しいセッションを作成するには、ローカルエンドがリモートエンドに基本的なCapabilities(ブラウザの設定情報)を提供する必要があります。 リモートエンドは、一連の同じCapabilityを使用してセッションを作成し、現在のセッション機能を描きます。

WebDriverは、各リモートエンドがCapabilityをサポートする/すべきCapabilityを提供します。 WebDriverがサポートするCapabilityは次のとおりです。

browserName:

このCapabilityは、特定のセッションの browserName を設定するために使います。 指定されたブラウザがリモートエンドにインストールされていない場合、セッションの作成は失敗します。

browserVersion:

このCapabilityはオプションです。 これは、リモートエンドで使用可能なブラウザーバージョンを設定するために使います。 たとえば、Chromeバージョン80のみがインストールされているシステムでバージョン75を要求すると、セッションの作成は失敗します。

ページロード戦略

URLを介して新しいページに移動する場合、デフォルトでは、Seleniumは応答する前にページが完全にロードされるまで待機します。 これは初心者には効果的ですが、多数のサードパーティリソースをロードするページで長い待ち時間を引き起こす可能性があります。 デフォルト以外の戦略を使用すると、このような場合にテストの実行を高速化できますが、ページの要素がロードされてサイズが変更されると、ページ上の要素の位置が変化する不安定さを引き起こします。

次の表で説明するように、ページロード戦略は document.readyState を問い合わせます。

戦略Ready State注釈
normalcompleteデフォルトで使用され、すべてのリソースがダウンロードされるまで待機します
eagerinteractiveDOMアクセスの準備はできていますが、画像などの他のリソースがまだ読み込まれている可能性があります
noneAnyWebDriverをまったくブロックしません

platformName

これにより、リモートエンドのオペレーティングシステムが識別され、 platformName を取得するとOS名が返されます。

クラウドベースのプロバイダーでは、 platformName を設定すると、リモートエンドのOSが設定されます。

acceptInsecureCerts

この機能は、セッション中のナビゲーション中に、期限切れ(または)無効な TLS証明書 が使用されているかどうかを確認します。

機能が false に設定されている場合、ナビゲーションでドメイン証明書の問題が発生すると、 insecure certificate error が返されます。 true に設定すると、無効な証明書はブラウザーによって信頼されます。

すべての自己署名証明書は、デフォルトでこの機能によって信頼されます。 一度設定すると、 acceptInsecureCerts Capabilityはセッション全体に影響します。

timeouts

WebDriverの セッション には特定の セッションタイムアウト 間隔が設定されており、 その間、ユーザーはスクリプトの実行またはブラウザーからの情報の取得の動作を制御できます。

各セッションタイムアウトは、以下で説明するように、異なる タイムアウト の組み合わせで構成されます。

Script Timeout:

現在のブラウジングコンテキストで実行中のスクリプトをいつ中断するかを指定します。 新しいセッションがWebDriverによって作成されると、デフォルトのタイムアウト 30,000 が課されます。

Page Load Timeout:

現在のブラウジングコンテキストでWebページをロードする必要がある時間間隔を指定します。 新しいセッションがWebDriverによって作成されると、デフォルトのタイムアウト 300,000 が課されます。 ページの読み込みが指定/デフォルトの時間枠を制限する場合、スクリプトは TimeoutException によって停止されます。

Implicit Wait Timeout

これは、要素を検索するときに暗黙的な要素の検索戦略を待つ時間を指定します。 新しいセッションがWebDriverによって作成されると、デフォルトのタイムアウト 0 が課されます。

unhandledPromptBehavior

現在のセッションの ユーザープロンプトハンドラー の状態を指定します。 デフォルトでは、 dismiss and notify (却下して通知する) 状態 となります。

User Prompt Handler

これは、リモートエンドでユーザープロンプトが表示されたときに実行する必要があるアクションを定義します。 これは、 unhandledPromptBehavior Capabilityによって定義され、次の状態があります。

  • dismiss (却下)
  • accept (受入)
  • dismiss and notify (却下して通知)
  • accept and notify (受け入れて通知)
  • ignore (無視)

setWindowRect

このコマンドは、現在のブラウジングコンテキストウィンドウのサイズと位置を変更します。 このコマンドは、高さxy任意 の引数として受け取る getWindowRect コマンドのセッターとして機能します。

自動化中、現在のブラウジングコンテキストは、 ブラウザーウィンドウの可視状態を表すウィンドウ状態に関連付けられます。 ウィンドウ状態は、以下です。

  • maximized
  • minimized
  • normal
  • fullscreen

または 高さ を設定しても、結果のウィンドウサイズが要求されたものと 正確に一致することを保証しません。 これは、一部のドライバはシングルピクセル単位でサイズ変更できない場合があるからです。 このため、 getWindowRect でウィンドウの状態/詳細を取得しても、 ブラウザーに設定された値と等しく一致しない場合があります。

strictFileInteractability

この新しいcapabilityは、厳密な相互作用チェックを input type = file 要素に適用する必要があるかどうかを示します。 厳密な相互作用チェックはデフォルトでオフになっているため、隠しファイルのアップロードコントロールで Element Send Keys を使用する場合の動作が変更されます。

proxy

プロキシサーバーは、クライアントとサーバー間の要求の仲介役として機能します。 簡単に言えば、トラフィックはプロキシサーバーを経由して、要求したアドレスに戻り、戻ってきます。

Seleniumを使用した自動化スクリプト用のプロキシサーバーは、

  • ネットワークトラフィックをキャプチャする
  • ウェブサイトによって行われた模擬バックエンドを呼び出す
  • 複雑なネットワークトポロジーまたは厳格な企業の制限/ポリシーの下で、必要なWebサイトにアクセスします。

企業環境でブラウザがURLへの接続に失敗した場合、環境にアクセスするにはプロキシが必要であることが原因であることが最も可能性が高いです。

Selenium WebDriverは設定をプロキシする方法を提供します。

import org.openqa.selenium.Proxy;
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeOptions;

public class proxyTest {
public static void main(String[] args) {
Proxy proxy = new Proxy();
proxy.setHttpProxy("<HOST:PORT>");
ChromeOptions options = new ChromeOptions();
options.setCapability("proxy", proxy);
WebDriver driver = new ChromeDriver(options);
driver.get("https://www.google.com/");
driver.manage().window().maximize();
driver.quit();
}
}
from selenium import webdriver

PROXY = "<HOST:PORT>"
webdriver.DesiredCapabilities.FIREFOX['proxy'] = {
"httpProxy": PROXY,
"ftpProxy": PROXY,
"sslProxy": PROXY,
"proxyType": "MANUAL",

}

with webdriver.Firefox() as driver:
# Open URL
driver.get("https://selenium.dev")
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;

public class ProxyTest{
public static void Main() {
ChromeOptions options = new ChromeOptions();
Proxy proxy = new Proxy();
proxy.Kind = ProxyKind.Manual;
proxy.IsAutoDetect = false;
proxy.SslProxy = "<HOST:PORT>";
options.Proxy = proxy;
options.AddArgument("ignore-certificate-errors");
IWebDriver driver = new ChromeDriver(options);
driver.Navigate().GoToUrl("https://www.selenium.dev/");
}
}
# this code was written with Selenium 4

proxy = Selenium::WebDriver::Proxy.new(http: '<HOST:PORT>')
cap   = Selenium::WebDriver::Remote::Capabilities.chrome(proxy: proxy)

driver = Selenium::WebDriver.for(:chrome, capabilities: cap)
driver.get('http://google.com')
let webdriver = require('selenium-webdriver');
let chrome = require('selenium-webdriver/chrome');
let proxy = require('selenium-webdriver/proxy');
let opts = new chrome.Options();

(async function example() {
opts.setProxy(proxy.manual({http: '<HOST:PORT>'}));
let driver = new webdriver.Builder()
.forBrowser('chrome')
.setChromeOptions(opts)
.build();
try {
await driver.get("https://selenium.dev");
}
finally {
await driver.quit();
}
}());
import org.openqa.selenium.Proxy
import org.openqa.selenium.WebDriver
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeOptions

class proxyTest {
fun main() {

        val proxy = Proxy()
        proxy.setHttpProxy("<HOST:PORT>")
        val options = ChromeOptions()
        options.setCapability("proxy", proxy)
        val driver: WebDriver = ChromeDriver(options)
        driver["https://www.google.com/"]
        driver.manage().window().maximize()
        driver.quit()
    }
}

2.2.2 - Chromiumベースのブラウザ固有のCapability

これらの機能は、Chromiumベースのブラウザ固有のものです。

These Capabilities apply to:

  • Chrome
  • Chromium
  • Edge

2.2.3 - Firefox固有のCapability

これらのCapabilityはFirefox固有のものです。

FirefoxOptions を使用してCapabilitiesを定義する

FirefoxOptions は、Firefoxブラウザの機能を定義する新しい方法であり、通常はDesiredCapabilitiesよりも優先して使用する必要があります。

FirefoxOptions options = new FirefoxOptions();
options.addPreference("network.proxy.type", 0);
driver = new RemoteWebDriver(options);
  
from selenium.webdriver.firefox.options import Options
options = Options()
options.headless = True
driver = webdriver.Firefox(options=options)
  
var options = new FirefoxOptions();
options.Proxy.Kind = ProxyKind.Direct;
var driver = new FirefoxDriver(options);
  
require 'selenium-webdriver'
opts = Selenium::WebDriver::Firefox::Options.new(args: ['-headless'])
driver = Selenium::WebDriver.for(:firefox, options: opts)
  
const { Builder } = require("selenium-webdriver");
const firefox = require('selenium-webdriver/firefox');

const options = new firefox.Options();
options.headless();
const driver = new Builder()
    .forBrowser('firefox')
    .setFirefoxOptions(options)
    .build();
  
val options = new FirefoxOptions()
options.addPreference("network.proxy.type", 0)
driver = RemoteWebDriver(options)
  

カスタムプロファイルを設定する

以下に示すように、Firefoxのカスタムプロファイルを作成することができます。

FirefoxProfile profile = new FirefoxProfile();
FirefoxOptions options = new FirefoxOptions();
options.setProfile(profile);
driver = new RemoteWebDriver(options);
  
from selenium.webdriver.firefox.options import Options
from selenium.webdriver.firefox.firefox_profile import FirefoxProfile
options=Options()
firefox_profile = FirefoxProfile()
firefox_profile.set_preference("javascript.enabled", False)
options.profile = firefox_profile
  
var options = new FirefoxOptions();
var profile = new FirefoxProfile();
options.Profile = profile;
var driver = new RemoteWebDriver(options);
  
profile = Selenium::WebDriver::Firefox::Profile.new
profile['browser.download.dir'] = "/tmp/webdriver-downloads"
options = Selenium::WebDriver::Firefox::Options.new(profile: profile)
driver = Selenium::WebDriver.for :firefox, options: options
  
const { Builder } = require("selenium-webdriver");
const firefox = require('selenium-webdriver/firefox');

const options = new firefox.Options();
let profile = '/path to custom profile';
options.setProfile(profile);
const driver = new Builder()
    .forBrowser('firefox')
    .setFirefoxOptions(options)
    .build();
  
val options = FirefoxOptions()
options.profile = FirefoxProfile()
driver = RemoteWebDriver(options)
  

2.2.4 - InternetExplorer固有のCapability

これらのCapabilityは、InternetExplorer固有のものです。

fileUploadDialogTimeout

環境によっては、ファイルアップロードダイアログを開くときにInternet Explorerがタイムアウトする場合があります。 IEDriverのデフォルトのタイムアウトは1000ミリ秒ですが、fileUploadDialogTimeout capabilityを使用してタイムアウトを増やすことができます。

InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
options.waitForUploadDialogUpTo(Duration.ofSeconds(2));
WebDriver driver = new RemoteWebDriver(options);
  
from selenium import webdriver

options = webdriver.IeOptions()
options.file_upload_dialog_timeout = 2000
driver = webdriver.Ie(options=options)

driver.get("http://www.google.com")

driver.quit()
  
var options = new InternetExplorerOptions();
options.FileUploadDialogTimeout = TimeSpan.FromMilliseconds(2000);
var driver = new RemoteWebDriver(options);
  
options = Selenium::WebDriver::IE::Options.new
options.file_upload_dialog_timeout = 2000
driver = Selenium::WebDriver.for(:ie, options: options)
  
const ie = require('selenium-webdriver/ie');
let options = new ie.Options().fileUploadDialogTimeout(2000);
let driver = await Builder()
          .setIeOptions(options)
          .build(); 
  
val options = InternetExplorerOptions()
options.waitForUploadDialogUpTo(Duration.ofSeconds(2))
val driver = RemoteWebDriver(options)
  

ensureCleanSession

この機能を true に設定すると、手動またはドライバーによって開始されたものを含め、 InternetExplorerの実行中のすべてのインスタンスのキャッシュ、ブラウザー履歴、およびCookieがクリアされます。 デフォルトでは、false に設定されています。

この機能を使用すると、ドライバーがIEブラウザーを起動する前にキャッシュがクリアされるまで待機するため、 ブラウザーの起動中にパフォーマンスが低下します。

このケイパビリティは、ブール値をパラメーターとして受け入れます。

InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
options.destructivelyEnsureCleanSession();
WebDriver driver = new RemoteWebDriver(options);
  
from selenium import webdriver

options = webdriver.IeOptions()
options.ensure_clean_session = True
driver = webdriver.Ie(options=options)

driver.get("http://www.google.com")

driver.quit()
  
var options = new InternetExplorerOptions();
options.EnsureCleanSession = true;
var driver = new RemoteWebDriver(options);
  
options = Selenium::WebDriver::IE::Options.new
options.ensure_clean_session = true
driver = Selenium::WebDriver.for(:ie, options: options)
  
const ie = require('selenium-webdriver/ie');
let options = new ie.Options().ensureCleanSession(true);
let driver = await Builder()
          .setIeOptions(options)
          .build(); 
  
val options = InternetExplorerOptions()
options.destructivelyEnsureCleanSession()
val driver = RemoteWebDriver(options)
  

ignoreZoomSetting

InternetExplorerドライバーは、ブラウザーのズームレベルが100%であることを想定しています。 それ以外の場合、ドライバーは例外をスローします。 このデフォルトの動作は、 ignoreZoomSettingtrue に設定することで無効にできます。

このケイパビリティは、ブール値をパラメーターとして受け入れます。

InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
options.ignoreZoomSettings();
WebDriver driver = new RemoteWebDriver(options);
  
from selenium import webdriver

options = webdriver.IeOptions()
options.ignore_zoom_level = True
driver = webdriver.Ie(options=options)

driver.get("http://www.google.com")

driver.quit()
  
var options = new InternetExplorerOptions();
options.IgnoreZoomLevel = true;
var driver = new RemoteWebDriver(options);
  
options = Selenium::WebDriver::IE::Options.new
options.ignore_zoom_level = true
driver = Selenium::WebDriver.for(:ie, options: options)
  
const ie = require('selenium-webdriver/ie');
let options = new ie.Options().ignoreZoomSetting(true);
let driver = await Builder()
          .setIeOptions(options)
          .build(); 
  
val options = InternetExplorerOptions()
options.ignoreZoomSettings()
val driver = RemoteWebDriver(options)
  

ignoreProtectedModeSettings

新しいIEセッションの起動中に 保護モード チェックをスキップするかどうか。

設定されておらず、 保護モード 設定がすべてのゾーンで同じでない場合、 ドライバーによって例外がスローされます。

ケイパビリティを true に設定すると、テストが不安定になったり、応答しなくなったり、 ブラウザがハングしたりする場合があります。 ただし、これはまだ2番目に良い選択であり、最初の選択は 常に 各ゾーンの保護モード設定を手動で実際に設定することです。 ユーザーがこのプロパティを使用している場合、「ベストエフォート」のみがサポートされます。

このケイパビリティは、ブール値をパラメーターとして受け入れます。

InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
options.introduceFlakinessByIgnoringSecurityDomains();
WebDriver driver = new RemoteWebDriver(options);
  
from selenium import webdriver

options = webdriver.IeOptions()
options.ignore_protected_mode_settings = True
driver = webdriver.Ie(options=options)

driver.get("http://www.google.com")

driver.quit()
  
var options = new InternetExplorerOptions();
options.IntroduceInstabilityByIgnoringProtectedModeSettings = true;
var driver = new RemoteWebDriver(options);
  
options = Selenium::WebDriver::IE::Options.new
options.ignore_protected_mode_settings = true
driver = Selenium::WebDriver.for(:ie, options: options)
  
const ie = require('selenium-webdriver/ie');
let options = new ie.Options().introduceFlakinessByIgnoringProtectedModeSettings(true);
let driver = await Builder()
          .setIeOptions(options)
          .build(); 
  
val options = InternetExplorerOptions()
options.introduceFlakinessByIgnoringSecurityDomains()
val driver = RemoteWebDriver(options)
  

silent

true に設定すると、このケイパビリティはIEDriverServerの診断出力を抑制します。

このケイパビリティは、ブール値をパラメーターとして受け入れます。

InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
options.setCapability("silent", true);
WebDriver driver = new InternetExplorerDriver(options);
  
from selenium import webdriver

options = webdriver.IeOptions()
options.set_capability("silent", True)
driver = webdriver.Ie(options=options)

driver.get("http://www.google.com")

driver.quit()
  
InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
options.AddAdditionalInternetExplorerOption("silent", true);
IWebDriver driver = new InternetExplorerDriver(options);
  
    # Please raise a PR to add code sample
  
const {Builder,By, Capabilities} = require('selenium-webdriver');
let caps = Capabilities.ie();
caps.set('silent', true);

(async function example() {
    let driver = await new Builder()
        .forBrowser('internet explorer')
        .withCapabilities(caps)
        .build();
    try {
        await driver.get('http://www.google.com/ncr');
    }
    finally {
        await driver.quit();
    }
})();
  
import org.openqa.selenium.Capabilities
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerDriver
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerOptions

fun main() {
    val options = InternetExplorerOptions()
    options.setCapability("silent", true)
    val driver = InternetExplorerDriver(options)
    try {
        driver.get("https://google.com/ncr")
        val caps = driver.getCapabilities()
        println(caps)
    } finally {
        driver.quit()
    }
}
  

IE Command-Line Options

Internet Explorerには、ブラウザーのトラブルシューティングと構成を可能にするいくつかのコマンドラインオプションが含まれています。

次に、サポートされているいくつかのコマンドラインオプションについて説明します。

  • -private : IEをプライベートブラウジングモードで起動するために使用されます。 これはIE 8以降のバージョンで機能します。

  • -k : Internet Explorerをキオスクモードで起動します。 ブラウザは、アドレスバー、ナビゲーションボタン、またはステータスバーを表示しない最大化されたウィンドウで開きます。

  • -extoff : アドオンなしモードでIEを起動します。 このオプションは、ブラウザーのアドオンに関する問題のトラブルシューティングに特に使用されます。 IE 7以降のバージョンで動作します。

注:コマンドライン引数が機能するためには、 forceCreateProcessApi を順番に有効にする必要があります。

import org.openqa.selenium.Capabilities;
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerDriver;
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerOptions;

public class ieTest {
    public static void main(String[] args) {
        InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
        options.useCreateProcessApiToLaunchIe();
        options.addCommandSwitches("-k");
        InternetExplorerDriver driver = new InternetExplorerDriver(options);
        try {
            driver.get("https://google.com/ncr");
            Capabilities caps = driver.getCapabilities();
            System.out.println(caps);
        } finally {
            driver.quit();
        }
    }
}
  
from selenium import webdriver

options = webdriver.IeOptions()
options.add_argument('-private')
options.force_create_process_api = True
driver = webdriver.Ie(options=options)

driver.get("http://www.google.com")

driver.quit()
  
using System;
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.IE;

namespace ieTest {
 class Program {
  static void Main(string[] args) {
   InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
   options.ForceCreateProcessApi = true;
   options.BrowserCommandLineArguments = "-k";
   IWebDriver driver = new InternetExplorerDriver(options);
   driver.Url = "https://google.com/ncr";
  }
 }
}
  
require 'selenium-webdriver'
options = Selenium::WebDriver::IE::Options.new
options.force_create_process_api = true
options.add_argument('-k')
driver = Selenium::WebDriver.for(:ie, options: options)

begin
  driver.get 'https://google.com'
  puts(driver.capabilities.to_json)
ensure
  driver.quit
end
  
const ie = require('selenium-webdriver/ie');
let options = new ie.Options();
options.addBrowserCommandSwitches('-k');
options.addBrowserCommandSwitches('-private');
options.forceCreateProcessApi(true);

driver = await env.builder()
          .setIeOptions(options)
          .build();
  
import org.openqa.selenium.Capabilities
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerDriver
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerOptions

fun main() {
    val options = InternetExplorerOptions()
    options.useCreateProcessApiToLaunchIe()
    options.addCommandSwitches("-k")
    val driver = InternetExplorerDriver(options)
    try {
        driver.get("https://google.com/ncr")
        val caps = driver.getCapabilities()
        println(caps);
    } finally {
        driver.quit()
    }
}
  

forceCreateProcessApi

CreateProcess APIを使用してInternet Explorerを強制的に起動します。 デフォルト値はfalseです。

IE 8以降の場合、このオプションでは “TabProcGrowth” レジストリの値を0に設定する必要があります。

import org.openqa.selenium.Capabilities;
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerDriver;
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerOptions;

public class ieTest {
    public static void main(String[] args) {
        InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
        options.useCreateProcessApiToLaunchIe();
        InternetExplorerDriver driver = new InternetExplorerDriver(options);
        try {
            driver.get("https://google.com/ncr");
            Capabilities caps = driver.getCapabilities();
            System.out.println(caps);
        } finally {
            driver.quit();
        }
    }
}
  
from selenium import webdriver

options = webdriver.IeOptions()
options.force_create_process_api = True
driver = webdriver.Ie(options=options)

driver.get("http://www.google.com")

driver.quit()
  
using System;
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.IE;

namespace ieTest {
 class Program {
  static void Main(string[] args) {
   InternetExplorerOptions options = new InternetExplorerOptions();
   options.ForceCreateProcessApi = true;
   IWebDriver driver = new InternetExplorerDriver(options);
   driver.Url = "https://google.com/ncr";
  }
 }
}
  
require 'selenium-webdriver'
options = Selenium::WebDriver::IE::Options.new
options.force_create_process_api = true
driver = Selenium::WebDriver.for(:ie, options: options)

begin
  driver.get 'https://google.com'
  puts(driver.capabilities.to_json)
ensure
  driver.quit
end
  
const ie = require('selenium-webdriver/ie');
let options = new ie.Options();
options.forceCreateProcessApi(true);

driver = await env.builder()
          .setIeOptions(options)
          .build();
  
import org.openqa.selenium.Capabilities
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerDriver
import org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerOptions

fun main() {
    val options = InternetExplorerOptions()
    options.useCreateProcessApiToLaunchIe()
    val driver = InternetExplorerDriver(options)
    try {
        driver.get("https://google.com/ncr")
        val caps = driver.getCapabilities()
        println(caps)
    } finally {
        driver.quit()
    }
}

  

2.2.5 - Safari固有のCapability

これらのCapabilityはSafari固有のものです。

2.3 - ブラウザー

ブラウザーの情報

タイトルの取得

ブラウザーから現在のページタイトルを読むことができます。

driver.getTitle();
driver.title
driver.Title;
driver.title
await driver.getTitle();
driver.title

現在のURLを取得

ブラウザーのアドレスバーから現在のURLを読むには、次を使用します。

driver.getCurrentUrl();
driver.current_url
driver.Url;
driver.current_url
await driver.getCurrentUrl();
driver.currentUrl

2.3.1 - ブラウザー ナビゲーション

ナビゲート

ブラウザーを起動した後に最初に行うことは、Webサイトを開くことです。これは1行で実現できます。

//Convenient
driver.get("https://selenium.dev");

//Longer way
driver.navigate().to("https://selenium.dev");
  
driver.get("https://selenium.dev")
  
driver.Navigate().GoToUrl(@"https://selenium.dev");
  
    # Convenient way
driver.get 'https://selenium.dev'

    # Longer Way
driver.navigate.to 'https://selenium.dev'
  
await driver.get('https://selenium.dev');
  
//Convenient
driver.get("https://selenium.dev")

//Longer way
driver.navigate().to("https://selenium.dev")
  

戻る

ブラウザーの戻るボタンを押す。

driver.navigate().back();
driver.back()
driver.Navigate().Back();
driver.navigate.back
await driver.navigate().back();
driver.navigate().back() 

次へ

ブラウザーの次へボタンを押す。

driver.navigate().forward();
driver.forward()
driver.Navigate().Forward();
driver.navigate.forward
await driver.navigate().forward();
driver.navigate().forward()

更新

現在のページを更新する。

driver.navigate().refresh();
driver.refresh()
driver.Navigate().Refresh();
driver.navigate.refresh
await driver.navigate().refresh();
driver.navigate().refresh()

2.3.2 - JavaScript アラート、プロンプトおよび確認

WebDriverは、JavaScriptが提供する3種類のネイティブポップアップメッセージを操作するためのAPIを提供します。 これらのポップアップはブラウザーによってスタイルが設定され、カスタマイズが制限されています。

アラート

これらの最も単純なものはアラートと呼ばれ、カスタムメッセージと、ほとんどのブラウザーでOKのラベルが付いたアラートを非表示にする単一のボタンを表示します。 ほとんどのブラウザーでは閉じるボタンを押すことで閉じることもできますが、これは常にOKボタンと同じことを行います。 アラートの例を参照してください

WebDriverはポップアップからテキストを取得し、これらのアラートを受け入れるか、または閉じることができます。

//Click the link to activate the alert
driver.findElement(By.linkText("See an example alert")).click();

//Wait for the alert to be displayed and store it in a variable
Alert alert = wait.until(ExpectedConditions.alertIsPresent());

//Store the alert text in a variable
String text = alert.getText();

//Press the OK button
alert.accept();
  
# Click the link to activate the alert
driver.find_element(By.LINK_TEXT, "See an example alert").click()

# Wait for the alert to be displayed and store it in a variable
alert = wait.until(expected_conditions.alert_is_present())

# Store the alert text in a variable
text = alert.text

# Press the OK button
alert.accept()
  
//Click the link to activate the alert
driver.FindElement(By.LinkText("See an example alert")).Click();

//Wait for the alert to be displayed and store it in a variable
IAlert alert = wait.Until(ExpectedConditions.AlertIsPresent());

//Store the alert text in a variable
string text = alert.Text;

//Press the OK button
alert.Accept();
  
# Click the link to activate the alert
driver.find_element(:link_text, 'See an example alert').click

# Store the alert reference in a variable
alert = driver.switch_to.alert

# Store the alert text in a variable
alert_text = alert.text

# Press on OK button
alert.accept
  
//Click the link to activate the alert
await driver.findElement(By.linkText('See an example alert')).click();

// Wait for the alert to be displayed
await driver.wait(until.alertIsPresent());

// Store the alert in a variable
let alert = await driver.switchTo().alert();

//Store the alert text in a variable
let alertText = await alert.getText();

//Press the OK button
await alert.accept();

// Note: To use await, the above code should be inside an async function
  
//Click the link to activate the alert
driver.findElement(By.linkText("See an example alert")).click()

//Wait for the alert to be displayed and store it in a variable
val alert = wait.until(ExpectedConditions.alertIsPresent())

//Store the alert text in a variable
val text = alert.getText()

//Press the OK button
alert.accept()
  

確認

確認ダイアログボックスはアラートに似ていますが、ユーザーがメッセージをキャンセルすることも選択できる点が異なります。 サンプルを確認してください

この例は、アラートを保存する別の方法も示しています。

//Click the link to activate the alert
driver.findElement(By.linkText("See a sample confirm")).click();

//Wait for the alert to be displayed
wait.until(ExpectedConditions.alertIsPresent());

//Store the alert in a variable
Alert alert = driver.switchTo().alert();

//Store the alert in a variable for reuse
String text = alert.getText();

//Press the Cancel button
alert.dismiss();
  
# Click the link to activate the alert
driver.find_element(By.LINK_TEXT, "See a sample confirm").click()

# Wait for the alert to be displayed
wait.until(expected_conditions.alert_is_present())

# Store the alert in a variable for reuse
alert = driver.switch_to.alert

# Store the alert text in a variable
text = alert.text

# Press the Cancel button
alert.dismiss()
  
//Click the link to activate the alert
driver.FindElement(By.LinkText("See a sample confirm")).Click();

//Wait for the alert to be displayed
wait.Until(ExpectedConditions.AlertIsPresent());

//Store the alert in a variable
IAlert alert = driver.SwitchTo().Alert();

//Store the alert in a variable for reuse
string text = alert.Text;

//Press the Cancel button
alert.Dismiss();
  
# Click the link to activate the alert
driver.find_element(:link_text, 'See a sample confirm').click

# Store the alert reference in a variable
alert = driver.switch_to.alert

# Store the alert text in a variable
alert_text = alert.text

# Press on Cancel button
alert.dismiss
  
//Click the link to activate the alert
await driver.findElement(By.linkText('See a sample confirm')).click();

// Wait for the alert to be displayed
await driver.wait(until.alertIsPresent());

// Store the alert in a variable
let alert = await driver.switchTo().alert();

//Store the alert text in a variable
let alertText = await alert.getText();

//Press the Cancel button
await alert.dismiss();

// Note: To use await, the above code should be inside an async function
  
//Click the link to activate the alert
driver.findElement(By.linkText("See a sample confirm")).click()

//Wait for the alert to be displayed
wait.until(ExpectedConditions.alertIsPresent())

//Store the alert in a variable
val alert = driver.switchTo().alert()

//Store the alert in a variable for reuse
val text = alert.text

//Press the Cancel button
alert.dismiss()
  

プロンプト

プロンプトは確認ボックスに似ていますが、テキスト入力も含まれている点が異なります。 フォーム要素の操作と同様に、WebDriverの送信キーを使用して応答を入力できます。 これにより、プレースホルダーテキストが完全に置き換えられます。 キャンセルボタンを押してもテキストは送信されません。 サンプルプロンプトを参照してください

//Click the link to activate the alert
driver.findElement(By.linkText("See a sample prompt")).click();

//Wait for the alert to be displayed and store it in a variable
Alert alert = wait.until(ExpectedConditions.alertIsPresent());

//Type your message
alert.sendKeys("Selenium");

//Press the OK button
alert.accept();
  
# Click the link to activate the alert
driver.find_element(By.LINK_TEXT, "See a sample prompt").click()

# Wait for the alert to be displayed
wait.until(expected_conditions.alert_is_present())

# Store the alert in a variable for reuse
alert = Alert(driver)

# Type your message
alert.send_keys("Selenium")

# Press the OK button
alert.accept()
  
//Click the link to activate the alert
driver.FindElement(By.LinkText("See a sample prompt")).Click();

//Wait for the alert to be displayed and store it in a variable
IAlert alert = wait.Until(ExpectedConditions.AlertIsPresent());

//Type your message
alert.SendKeys("Selenium");

//Press the OK button
alert.Accept();
  
# Click the link to activate the alert
driver.find_element(:link_text, 'See a sample prompt').click

# Store the alert reference in a variable
alert = driver.switch_to.alert

# Type a message
alert.send_keys("selenium")

# Press on Ok button
alert.accept
  
//Click the link to activate the alert
await driver.findElement(By.linkText('See a sample prompt')).click();

// Wait for the alert to be displayed
await driver.wait(until.alertIsPresent());

// Store the alert in a variable
let alert = await driver.switchTo().alert();

//Type your message
await alert.sendKeys("Selenium");

//Press the OK button
await alert.accept();

//Note: To use await, the above code should be inside an async function
  
//Click the link to activate the alert
driver.findElement(By.linkText("See a sample prompt")).click()

//Wait for the alert to be displayed and store it in a variable
val alert = wait.until(ExpectedConditions.alertIsPresent())

//Type your message
alert.sendKeys("Selenium")

//Press the OK button
alert.accept()
  

2.3.3 - クッキーの使用

Cookieは、Webサイトから送信され、コンピューターに保存される小さなデータです。 Cookieは、主にユーザーを認識し、保存されている情報を読み込むために使用されます。

WebDriver APIは、組み込みメソッドでCookieと対話するメソッドを提供します。

クッキーの追加

現在のブラウジングコンテキストにCookieを追加するために使用されます。 Cookieの追加では、一連の定義済みのシリアル化可能なJSONオブジェクトのみを受け入れます。 受け入れられたJSONキー値のリストへのリンクはこちらにあります。

まず、Cookieが有効になるドメインにいる必要があります。 サイトとの対話を開始する前にCookieを事前設定しようとしていて、ホームページが大きい場合/代替の読み込みに時間がかかる場合は、サイトで小さいページを見つけることです。(通常、たとえば http://example.com/some404page のような、404ページは小さいです。)

import org.openqa.selenium.*;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

public class addCookie {
    public static void main(String[] args) {
        WebDriver driver = new ChromeDriver();
        try {
            driver.get("http://www.example.com");

            // Adds the cookie into current browser context
            driver.manage().addCookie(new Cookie("key", "value"));
        } finally {
            driver.quit();
        }
    }
}
  
from selenium import webdriver

driver = webdriver.Chrome()

driver.get("http://www.example.com")

# Adds the cookie into current browser context
driver.add_cookie({"name": "key", "value": "value"})
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;

namespace AddCookie {
 class AddCookie {
  public static void Main(string[] args) {
   IWebDriver driver = new ChromeDriver();
   try {
    // Navigate to Url
    driver.Navigate().GoToUrl("https://example.com");

    // Adds the cookie into current browser context
    driver.Manage().Cookies.AddCookie(new Cookie("key", "value"));
   } finally {
    driver.Quit();
   }
  }
 }
}
  
require 'selenium-webdriver'
driver = Selenium::WebDriver.for :chrome

begin
  driver.get 'https://www.example.com'
  
  # Adds the cookie into current browser context
  driver.manage.add_cookie(name: "key", value: "value")
ensure
  driver.quit
end
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');
(async function example() {
  let driver = new Builder()
    .forBrowser('chrome')
    .build();

  await driver.get('https://www.example.com');
  // set a cookie on the current domain
  await driver.manage().addCookie({name:'key', value: 'value'});
  await driver.quit();
})();
import org.openqa.selenium.Cookie
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

fun main() {
    val driver = ChromeDriver()
    try {
        driver.get("https://example.com")

        // Adds the cookie into current browser context
        driver.manage().addCookie(Cookie("key", "value"))
    } finally {
        driver.quit()
    }
}  
  

命名されたクッキーの取得

関連付けられているすべてのCookieの中で、Cookie名と一致するシリアル化されたCookieデータを返します。

import org.openqa.selenium.*;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

public class getCookieNamed {
    public static void main(String[] args) {
        WebDriver driver = new ChromeDriver();
        try {
            driver.get("http://www.example.com");
            driver.manage().addCookie(new Cookie("foo", "bar"));

            // Get cookie details with named cookie 'foo'
            Cookie cookie1 = driver.manage().getCookieNamed("foo");
            System.out.println(cookie1);
        } finally {
            driver.quit();
        }
    }
}
  
from selenium import webdriver

driver = webdriver.Chrome()

# Navigate to url
driver.get("http://www.example.com")

# Adds the cookie into current browser context
driver.add_cookie({"name": "foo", "value": "bar"})

# Get cookie details with named cookie 'foo'
print(driver.get_cookie("foo"))
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;

namespace GetCookieNamed {
 class GetCookieNamed {
  public static void Main(string[] args) {
   IWebDriver driver = new ChromeDriver();
   try {
    // Navigate to Url
    driver.Navigate().GoToUrl("https://example.com");
    driver.Manage().Cookies.AddCookie(new Cookie("foo", "bar"));

    // Get cookie details with named cookie 'foo'
    var cookie = driver.Manage().Cookies.GetCookieNamed("foo");
    System.Console.WriteLine(cookie);
   } finally {
    driver.Quit();
   }
  }
 }
}
  
require 'selenium-webdriver'
driver = Selenium::WebDriver.for :chrome

begin
  driver.get 'https://www.example.com'
  driver.manage.add_cookie(name: "foo", value: "bar")

  # Get cookie details with named cookie 'foo'
  puts driver.manage.cookie_named('foo')
ensure
  driver.quit
end
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

(async function getCookieByName() {
  let driver = new Builder()
    .forBrowser('chrome')
    .build();

  await driver.get('https://www.example.com');
  // set a cookie on the current domain
  await driver.manage().addCookie({name:'foo', value: 'bar'});
  // Get cookie details with named cookie 'foo'
  await driver.manage().getCookie('foo').then(function (cookie) {
    console.log('cookie details => ', cookie);
  });
  await driver.quit();
})();
import org.openqa.selenium.Cookie
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

fun main() {
    val driver = ChromeDriver()
    try {
        driver.get("https://example.com")
        driver.manage().addCookie(Cookie("foo", "bar"))

        // Get cookie details with named cookie 'foo'
        val cookie = driver.manage().getCookieNamed("foo")
        println(cookie)
    } finally {
        driver.quit()
    }
}  
  

全てのクッキーの取得

現在のブラウジングコンテキストの ‘成功したシリアル化されたCookieデータ’ を返します。 ブラウザが使用できなくなった場合、エラーが返されます。

import org.openqa.selenium.*;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;
import java.util.Set;

public class getAllCookies {
    public static void main(String[] args) {
        WebDriver driver = new ChromeDriver();
        try {
            driver.get("http://www.example.com");
            // Add few cookies
            driver.manage().addCookie(new Cookie("test1", "cookie1"));
            driver.manage().addCookie(new Cookie("test2", "cookie2"));

            // Get All available cookies
            Set<Cookie> cookies = driver.manage().getCookies();
            System.out.println(cookies);
        } finally {
            driver.quit();
        }
    }
}
  
from selenium import webdriver

driver = webdriver.Chrome()

# Navigate to url
driver.get("http://www.example.com")

driver.add_cookie({"name": "test1", "value": "cookie1"})
driver.add_cookie({"name": "test2", "value": "cookie2"})

# Get all available cookies
print(driver.get_cookies())
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;

namespace GetAllCookies {
 class GetAllCookies {
  public static void Main(string[] args) {
   IWebDriver driver = new ChromeDriver();
   try {
    // Navigate to Url
    driver.Navigate().GoToUrl("https://example.com");
    driver.Manage().Cookies.AddCookie(new Cookie("test1", "cookie1"));
    driver.Manage().Cookies.AddCookie(new Cookie("test2", "cookie2"));

    // Get All available cookies
    var cookies = driver.Manage().Cookies.AllCookies;
   } finally {
    driver.Quit();
   }
  }
 }
}
  
require 'selenium-webdriver'
driver = Selenium::WebDriver.for :chrome

begin
  driver.get 'https://www.example.com'
  driver.manage.add_cookie(name: "test1", value: "cookie1")
  driver.manage.add_cookie(name: "test2", value: "cookie2")

  # Get all available cookies
  puts driver.manage.all_cookies
ensure
  driver.quit
end
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

(async function getAllCookies() {
  let driver = new Builder()
    .forBrowser('chrome')
    .build();

  await driver.get('https://www.example.com');
  // Add few cookies
  await driver.manage().addCookie({name:'test1', value:'cookie1'});
  await driver.manage().addCookie({name:'test2', value:'cookie2'});
  // Get all Available cookies
  await driver.manage().getCookies().then(function (cookies) {
    console.log('cookie details => ', cookies);
  });
  await driver.quit()
})();
import org.openqa.selenium.Cookie
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

fun main() {
    val driver = ChromeDriver()
    try {
        driver.get("https://example.com")
        driver.manage().addCookie(Cookie("test1", "cookie1"))
        driver.manage().addCookie(Cookie("test2", "cookie2"))

        // Get All available cookies
        val cookies = driver.manage().cookies
        println(cookies)
    } finally {
        driver.quit()
    }
}  
  

クッキーの削除

指定されたCookie名と一致するCookieデータを削除します。

import org.openqa.selenium.*;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

public class deleteCookie {
    public static void main(String[] args) {
        WebDriver driver = new ChromeDriver();
        try {
            driver.get("http://www.example.com");
            driver.manage().addCookie(new Cookie("test1", "cookie1"));
            Cookie cookie1 = new Cookie("test2", "cookie2");
            driver.manage().addCookie(cookie1);

            // delete a cookie with name 'test1'
            driver.manage().deleteCookieNamed("test1");

            /*
             Selenium Java bindings also provides a way to delete
             cookie by passing cookie object of current browsing context
             */
            driver.manage().deleteCookie(cookie1);
        } finally {
            driver.quit();
        }
    }
}
  
from selenium import webdriver
driver = webdriver.Chrome()

# Navigate to url
driver.get("http://www.example.com")
driver.add_cookie({"name": "test1", "value": "cookie1"})
driver.add_cookie({"name": "test2", "value": "cookie2"})

# Delete a cookie with name 'test1'
driver.delete_cookie("test1")
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;

namespace DeleteCookie {
 class DeleteCookie {
  public static void Main(string[] args) {
   IWebDriver driver = new ChromeDriver();
   try {
    // Navigate to Url
    driver.Navigate().GoToUrl("https://example.com");
    driver.Manage().Cookies.AddCookie(new Cookie("test1", "cookie1"));
    var cookie = new Cookie("test2", "cookie2");
    driver.Manage().Cookies.AddCookie(cookie);

    // delete a cookie with name 'test1'	
    driver.Manage().Cookies.DeleteCookieNamed("test1");

    // Selenium .net bindings also provides a way to delete
    // cookie by passing cookie object of current browsing context
    driver.Manage().Cookies.DeleteCookie(cookie);
   } finally {
    driver.Quit();
   }
  }
 }
}
  
require 'selenium-webdriver'
driver = Selenium::WebDriver.for :chrome

begin
  driver.get 'https://www.example.com'
  driver.manage.add_cookie(name: "test1", value: "cookie1")
  driver.manage.add_cookie(name: "test2", value: "cookie2")

  # delete a cookie with name 'test1'
  driver.manage.delete_cookie('test1')
ensure
  driver.quit
end
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

(async function deleteCookie() {
  let driver = new Builder()
    .forBrowser('chrome')
    .build();
  try {
    await driver.get('https://www.example.com');
    // Add few cookies
    await driver.manage().addCookie({name: 'test1', value: 'cookie1'});
    await driver.manage().addCookie({name: 'test2', value: 'cookie2'});

    // Delete a cookie with name 'test1'
    await driver.manage().deleteCookie('test1');

    // Get all Available cookies
    await driver.manage().getCookies().then(function (cookies) {
      console.log('cookie details => ', cookies);
    });
    await driver.quit();
  } catch (e){
    console.log(e)
  }
})();

import org.openqa.selenium.Cookie
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

fun main() {
    val driver = ChromeDriver()
    try {
        driver.get("https://example.com")
        driver.manage().addCookie(Cookie("test1", "cookie1"))
        val cookie1 = Cookie("test2", "cookie2")
        driver.manage().addCookie(cookie1)

        // delete a cookie with name 'test1'
        driver.manage().deleteCookieNamed("test1")

        // delete cookie by passing cookie object of current browsing context.
        driver.manage().deleteCookie(cookie1)
    } finally {
        driver.quit()
    }
}  
  

全てのクッキーの削除

現在のブラウジングコンテキストの全てのCookieを削除します。

import org.openqa.selenium.*;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

public class deleteAllCookies {
    public static void main(String[] args) {
        WebDriver driver = new ChromeDriver();
        try {
            driver.get("http://www.example.com");
            driver.manage().addCookie(new Cookie("test1", "cookie1"));
            driver.manage().addCookie(new Cookie("test2", "cookie2"));

            // deletes all cookies
            driver.manage().deleteAllCookies();
        } finally {
            driver.quit();
        }
    }
}
  
from selenium import webdriver
driver = webdriver.Chrome()

# Navigate to url
driver.get("http://www.example.com")
driver.add_cookie({"name": "test1", "value": "cookie1"})
driver.add_cookie({"name": "test2", "value": "cookie2"})

#  Deletes all cookies
driver.delete_all_cookies()
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;

namespace DeleteAllCookies {
 class DeleteAllCookies {
  public static void Main(string[] args) {
   IWebDriver driver = new ChromeDriver();
   try {
    // Navigate to Url
    driver.Navigate().GoToUrl("https://example.com");
    driver.Manage().Cookies.AddCookie(new Cookie("test1", "cookie1"));
    driver.Manage().Cookies.AddCookie(new Cookie("test2", "cookie2"));

    // deletes all cookies
    driver.Manage().Cookies.DeleteAllCookies();
   } finally {
    driver.Quit();
   }
  }
 }
}
  
require 'selenium-webdriver'
driver = Selenium::WebDriver.for :chrome

begin
  driver.get 'https://www.example.com'
  driver.manage.add_cookie(name: "test1", value: "cookie1")
  driver.manage.add_cookie(name: "test2", value: "cookie2")

  # deletes all cookies
  driver.manage.delete_all_cookies
ensure
  driver.quit
end
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

(async function example() {
  let driver = new Builder()
    .forBrowser('chrome')
    .build();

  try {
    await driver.get('https://www.example.com');
    // Add few cookies
    await driver.manage().addCookie({name: 'test1', value: 'cookie1'});
    await driver.manage().addCookie({name: 'test2', value: 'cookie2'});
    // Delete all cookies
    await driver.manage().deleteAllCookies();
    await driver.quit();
  } catch(e) {
    console.log(e)
  }
})();
import org.openqa.selenium.Cookie
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

fun main() {
    val driver = ChromeDriver()
    try {
        driver.get("https://example.com")
        driver.manage().addCookie(Cookie("test1", "cookie1"))
        driver.manage().addCookie(Cookie("test2", "cookie2"))

        // deletes all cookies
        driver.manage().deleteAllCookies()
    } finally {
        driver.quit()
    }
}  
  

SameSite Cookie属性

これにより、ユーザーは、サードパーティのサイトによって開始されたリクエストとともに Cookieを送信するかどうかをブラウザに指示できます。 CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)攻撃を防ぐために導入されました。

SameSite Cookie属性は、2つのパラメーターを命令として受け入れます。

Strict:

SameSite属性が Strict に設定されている場合、CookieはサードパーティのWebサイトによって 開始されたリクエストとともに送信されません。

Lax:

CookieのSameSite属性を Lax に設定すると、CookieはサードパーティのWebサイトによって 開始されたGETリクエストとともに送信されます。

Note: As of now this feature is landed in chrome(80+version), Firefox(79+version) and works with Selenium 4 and later versions.

import org.openqa.selenium.*;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

public class cookieTest {
  public static void main(String[] args) {
    WebDriver driver = new ChromeDriver();
    try {
      driver.get("http://www.example.com");
      Cookie cookie = new Cookie.Builder("key", "value").sameSite("Strict").build();
      Cookie cookie1 = new Cookie.Builder("key", "value").sameSite("Lax").build();
      driver.manage().addCookie(cookie);
      driver.manage().addCookie(cookie1);
      System.out.println(cookie.getSameSite());
      System.out.println(cookie1.getSameSite());
    } finally {
      driver.quit();
    }
  }
}
  
from selenium import webdriver

driver = webdriver.Chrome()

driver.get("http://www.example.com")
# Adds the cookie into current browser context with sameSite 'Strict' (or) 'Lax'
driver.add_cookie({"name": "foo", "value": "value", 'sameSite': 'Strict'})
driver.add_cookie({"name": "foo1", "value": "value", 'sameSite': 'Lax'})
cookie1 = driver.get_cookie('foo')
cookie2 = driver.get_cookie('foo1')
print(cookie1)
print(cookie2)
  
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;

namespace SameSiteCookie {
  class SameSiteCookie {
    static void Main(string[] args) {
      IWebDriver driver = new ChromeDriver();
      try {
        driver.Navigate().GoToUrl("http://www.example.com");

        var cookie1Dictionary = new System.Collections.Generic.Dictionary<string, object>() {
          { "name", "test1" }, { "value", "cookie1" }, { "sameSite", "Strict" } };
        var cookie1 = Cookie.FromDictionary(cookie1Dictionary);

        var cookie2Dictionary = new System.Collections.Generic.Dictionary<string, object>() {
          { "name", "test2" }, { "value", "cookie2" }, { "sameSite", "Lax" } };
        var cookie2 = Cookie.FromDictionary(cookie2Dictionary);

        driver.Manage().Cookies.AddCookie(cookie1);
        driver.Manage().Cookies.AddCookie(cookie2);

        System.Console.WriteLine(cookie1.SameSite);
        System.Console.WriteLine(cookie2.SameSite);
      } finally {
        driver.Quit();
      }
    }
  }
}
  
require 'selenium-webdriver'
driver = Selenium::WebDriver.for :chrome

begin
  driver.get 'https://www.example.com'
  # Adds the cookie into current browser context with sameSite 'Strict' (or) 'Lax'
  driver.manage.add_cookie(name: "foo", value: "bar", same_site: "Strict")
  driver.manage.add_cookie(name: "foo1", value: "bar", same_site: "Lax")
  puts driver.manage.cookie_named('foo')
  puts driver.manage.cookie_named('foo1')
ensure
  driver.quit
end
  
const {Builder} = require('selenium-webdriver');

(async function sameSiteCookieExample() {
  let driver = new Builder()
    .forBrowser('chrome')
    .build();

  try {
    await driver.get('https://www.example.com');
    // set a cookie on the current domain with sameSite 'Strict' (or) 'Lax'
    await driver.manage().addCookie({name: 'key', value: 'value', sameSite: 'Strict'});
    await driver.manage().addCookie({name: 'key', value: 'value', sameSite: 'Lax'});
    await driver.quit();
  } catch (e) {
    console.log(e);
  }
})();
import org.openqa.selenium.Cookie
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

fun main() {
    val driver = ChromeDriver()
    try {
        driver.get("http://www.example.com")
        val cookie = Cookie.Builder("key", "value").sameSite("Strict").build()
        val cookie1 = Cookie.Builder("key", "value").sameSite("Lax").build()
        driver.manage().addCookie(cookie)
        driver.manage().addCookie(cookie1)
        println(cookie.getSameSite())
        println(cookie1.getSameSite())
    } finally {
        driver.quit()
    }
} 
  

2.3.4 - iFrame と Frame の操作

Frameは、同じドメイン上の複数のドキュメントからサイトレイアウトを構築する非推奨の手段となりました。 HTML5以前のWebアプリを使用している場合を除き、frameを使用することはほとんどありません。 iFrameは、まったく異なるドメインからのドキュメントの挿入を許可し、今でも一般的に使用されています。

FrameまたはiFrameを使用する必要がある場合、Webdriverを使用して同じ方法で作業できます。 iFrame内のボタンがある場合を考えてみましょう。ブラウザー開発ツールを使用して要素を検査すると、次のように表示される場合があります。

<div id="modal">
  <iframe id="buttonframe" name="myframe"  src="https://seleniumhq.github.io">
   <button>Click here</button>
 </iframe>
</div>

iFrameがなければ、次のようなボタンを使用してボタンをクリックします。

//This won't work
driver.findElement(By.tagName("button")).click();
  
    # This Wont work
driver.find_element(By.TAG_NAME, 'button').click()
  
//This won't work
driver.FindElement(By.TagName("button")).Click();
  
    # This won't work
driver.find_element(:tag_name,'button').click
  
// This won't work
await driver.findElement(By.css('button')).click();
  
//This won't work
driver.findElement(By.tagName("button")).click()
  

ただし、iFrameの外側にボタンがない場合は、代わりにno such elementエラーが発生する可能性があります。 これは、Seleniumがトップレベルのドキュメントの要素のみを認識するために発生します。 ボタンを操作するには、ウィンドウを切り替える方法と同様に、最初にFrameに切り替える必要があります。 WebDriverは、Frameに切り替える3つの方法を提供します。

WebElementを使う

WebElementを使用した切り替えは、最も柔軟なオプションです。好みのセレクタを使用してFrameを見つけ、それに切り替えることができます。

//Store the web element
WebElement iframe = driver.findElement(By.cssSelector("#modal>iframe"));

//Switch to the frame
driver.switchTo().frame(iframe);

//Now we can click the button
driver.findElement(By.tagName("button")).click();
  
    # Store iframe web element
iframe = driver.find_element(By.CSS_SELECTOR, "#modal > iframe")

    # switch to selected iframe
driver.switch_to.frame(iframe)

    # Now click on button
driver.find_element(By.TAG_NAME, 'button').click()
  
//Store the web element
IWebElement iframe = driver.FindElement(By.CssSelector("#modal>iframe"));

//Switch to the frame
driver.SwitchTo().Frame(iframe);

//Now we can click the button
driver.FindElement(By.TagName("button")).Click();
  
    # Store iframe web element
iframe = driver.find_element(:css,'#modal > iframe')

    # Switch to the frame
driver.switch_to.frame iframe

    # Now, Click on the button
driver.find_element(:tag_name,'button').click
  
// Store the web element
const iframe = driver.findElement(By.css('#modal > iframe'));

// Switch to the frame
await driver.switchTo().frame(iframe);

// Now we can click the button
await driver.findElement(By.css('button')).click();
  
//Store the web element
val iframe = driver.findElement(By.cssSelector("#modal>iframe"))

//Switch to the frame
driver.switchTo().frame(iframe)

//Now we can click the button
driver.findElement(By.tagName("button")).click()
  

nameまたはIDを使う

FrameまたはiFrameにidまたはname属性がある場合、代わりにこれを使うことができます。 名前またはIDがページ上で一意でない場合、最初に見つかったものに切り替えます。

//Using the ID
driver.switchTo().frame("buttonframe");

//Or using the name instead
driver.switchTo().frame("myframe");

//Now we can click the button
driver.findElement(By.tagName("button")).click();
  
    # Switch frame by id
driver.switch_to.frame('buttonframe')

    # Now, Click on the button
driver.find_element(By.TAG_NAME, 'button').click()
  
//Using the ID
driver.SwitchTo().Frame("buttonframe");

//Or using the name instead
driver.SwitchTo().Frame("myframe");

//Now we can click the button
driver.FindElement(By.TagName("button")).Click();
  
    # Switch by ID
driver.switch_to.frame 'buttonframe'

    # Now, Click on the button
driver.find_element(:tag_name,'button').click
  
// Using the ID
await driver.switchTo().frame('buttonframe');

// Or using the name instead
await driver.switchTo().frame('myframe');

// Now we can click the button
await driver.findElement(By.css('button')).click();
  
//Using the ID
driver.switchTo().frame("buttonframe")

//Or using the name instead
driver.switchTo().frame("myframe")

//Now we can click the button
driver.findElement(By.tagName("button")).click()
  

インデックスを使う

JavaScriptの window.frames を使用して照会できるように、Frameのインデックスを使用することもできます。

// Switches to the second frame
driver.switchTo().frame(1);
  
    # Switch to the second frame
driver.switch_to.frame(1)
  
// Switches to the second frame
driver.SwitchTo().Frame(1);
  
    # switching to second iframe based on index
iframe = driver.find_elements_by_tag_name('iframe')[1]

    # switch to selected iframe
driver.switch_to.frame(iframe)
  
// Switches to the second frame
await driver.switchTo().frame(1);
  
// Switches to the second frame
driver.switchTo().frame(1)
  

Frameを終了する

iFrameまたはFrameセットを終了するには、次のようにデフォルトのコンテンツに切り替えます。

// Return to the top level
driver.switchTo().defaultContent();
  
    # switch back to default content
driver.switch_to.default_content()
  
// Return to the top level
driver.SwitchTo().DefaultContent();
  
    # Return to the top level
driver.switch_to.default_content
  
// Return to the top level
await driver.switchTo().defaultContent();
  
// Return to the top level
driver.switchTo().defaultContent()
  

2.3.5 - ウィンドウとタブの操作

ウィンドウとタブ

ウィンドウハンドルの取得

WebDriverは、ウィンドウとタブを区別しません。 サイトが新しいタブまたはウィンドウを開く場合、Seleniumはウィンドウハンドルを使って連動します。 各ウィンドウには一意の識別子があり、これは単一のセッションで持続します。 次のコードを使用して、現在のウィンドウのウィンドウハンドルを取得できます。

driver.getWindowHandle();
driver.current_window_handle
driver.CurrentWindowHandle;
driver.window_handle
await driver.getWindowHandle();
driver.windowHandle

ウィンドウまたはタブの切り替え

新しいウィンドウで開くリンクをクリックすると、新しいウィンドウまたはタブが画面にフォーカスされますが、WebDriverはオペレーティングシステムがアクティブと見なすウィンドウを認識しません。 新しいウィンドウで作業するには、それに切り替える必要があります。 開いているタブまたはウィンドウが2つしかなく、どちらのウィンドウから開始するかがわかっている場合、削除のプロセスによって、WebDriverが表示できる両方のウィンドウまたはタブをループし、元のウィンドウまたはタブに切り替えることができます。

ただし、Selenium 4には、新しいタブ(または)新しいウィンドウを作成して自動的に切り替える新しいAPI NewWindow が用意されています。

//Store the ID of the original window
String originalWindow = driver.getWindowHandle();

//Check we don't have other windows open already
assert driver.getWindowHandles().size() == 1;

//Click the link which opens in a new window
driver.findElement(By.linkText("new window")).click();

//Wait for the new window or tab
wait.until(numberOfWindowsToBe(2));

//Loop through until we find a new window handle
for (String windowHandle : driver.getWindowHandles()) {
    if(!originalWindow.contentEquals(windowHandle)) {
        driver.switchTo().window(windowHandle);
        break;
    }
}

//Wait for the new tab to finish loading content
wait.until(titleIs("Selenium documentation"));
  
from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.support.ui import WebDriverWait
from selenium.webdriver.support import expected_conditions as EC

    # Start the driver
with webdriver.Firefox() as driver:
    # Open URL
    driver.get("https://seleniumhq.github.io")

    # Setup wait for later
    wait = WebDriverWait(driver, 10)

    # Store the ID of the original window
    original_window = driver.current_window_handle

    # Check we don't have other windows open already
    assert len(driver.window_handles) == 1

    # Click the link which opens in a new window
    driver.find_element(By.LINK_TEXT, "new window").click()

    # Wait for the new window or tab
    wait.until(EC.number_of_windows_to_be(2))

    # Loop through until we find a new window handle
    for window_handle in driver.window_handles:
        if window_handle != original_window:
            driver.switch_to.window(window_handle)
            break

    # Wait for the new tab to finish loading content
    wait.until(EC.title_is("SeleniumHQ Browser Automation"))
  
//Store the ID of the original window
string originalWindow = driver.CurrentWindowHandle;

//Check we don't have other windows open already
Assert.AreEqual(driver.WindowHandles.Count, 1);

//Click the link which opens in a new window
driver.FindElement(By.LinkText("new window")).Click();

//Wait for the new window or tab
wait.Until(wd => wd.WindowHandles.Count == 2);

//Loop through until we find a new window handle
foreach(string window in driver.WindowHandles)
{
    if(originalWindow != window)
    {
        driver.SwitchTo().Window(window);
        break;
    }
}
//Wait for the new tab to finish loading content
wait.Until(wd => wd.Title == "Selenium documentation");
  
    #Store the ID of the original window
original_window = driver.window_handle

    #Check we don't have other windows open already
assert(driver.window_handles.length == 1, 'Expected one window')

    #Click the link which opens in a new window
driver.find_element(link: 'new window').click

    #Wait for the new window or tab
wait.until { driver.window_handles.length == 2 }

    #Loop through until we find a new window handle
driver.window_handles.each do |handle|
    if handle != original_window
        driver.switch_to.window handle
        break
    end
end

    #Wait for the new tab to finish loading content
wait.until { driver.title == 'Selenium documentation'}
  
//Store the ID of the original window
const originalWindow = await driver.getWindowHandle();

//Check we don't have other windows open already
assert((await driver.getAllWindowHandles()).length === 1);

//Click the link which opens in a new window
await driver.findElement(By.linkText('new window')).click();

//Wait for the new window or tab
await driver.wait(
    async () => (await driver.getAllWindowHandles()).length === 2,
    10000
  );

//Loop through until we find a new window handle
const windows = await driver.getAllWindowHandles();
windows.forEach(async handle => {
  if (handle !== originalWindow) {
    await driver.switchTo().window(handle);
  }
});

//Wait for the new tab to finish loading content
await driver.wait(until.titleIs('Selenium documentation'), 10000);
  
//Store the ID of the original window
val originalWindow = driver.getWindowHandle()

//Check we don't have other windows open already
assert(driver.getWindowHandles().size() === 1)

//Click the link which opens in a new window
driver.findElement(By.linkText("new window")).click()

//Wait for the new window or tab
wait.until(numberOfWindowsToBe(2))

//Loop through until we find a new window handle
for (windowHandle in driver.getWindowHandles()) {
    if (!originalWindow.contentEquals(windowHandle)) {
        driver.switchTo().window(windowHandle)
        break
    }
}

//Wait for the new tab to finish loading content
wait.until(titleIs("Selenium documentation"))

  

新しいウィンドウ(または)新しいタブを作成して切り替える

新しいウィンドウ(または)タブを作成し、画面上の新しいウィンドウまたはタブにフォーカスします。 新しいウィンドウ(または)タブを使用するように切り替える必要はありません。 新しいウィンドウ以外に3つ以上のウィンドウ(または)タブを開いている場合、WebDriverが表示できる両方のウィンドウまたはタブをループして、元のものではないものに切り替えることができます。

注意: この機能は、Selenium 4以降のバージョンで機能します。

// Opens a new tab and switches to new tab
driver.switchTo().newWindow(WindowType.TAB);

// Opens a new window and switches to new window
driver.switchTo().newWindow(WindowType.WINDOW);
  
    # Opens a new tab and switches to new tab
driver.switch_to.new_window('tab')

    # Opens a new window and switches to new window
driver.switch_to.new_window('window')
  
// Opens a new tab and switches to new tab
driver.SwitchTo().NewWindow(WindowType.Tab)

// Opens a new window and switches to new window
driver.SwitchTo().NewWindow(WindowType.Window)
  
    # Note: The new_window in ruby only opens a new tab (or) Window and will not switch automatically
    # The user has to switch to new tab (or) new window

    # Opens a new tab and switches to new tab
driver.manage.new_window(:tab)

    # Opens a new window and switches to new window
driver.manage.new_window(:window)
  
// Opens a new tab and switches to new tab
await driver.switchTo().newWindow('tab');

// Opens a new window and switches to new window
await driver.switchTo().newWindow('window');

  
// Opens a new tab and switches to new tab
driver.switchTo().newWindow(WindowType.TAB)

// Opens a new window and switches to new window
driver.switchTo().newWindow(WindowType.WINDOW)
  

ウィンドウまたはタブを閉じる

ウィンドウまたはタブでの作業が終了し、 かつ ブラウザーで最後に開いたウィンドウまたはタブではない場合、それを閉じて、以前使用していたウィンドウに切り替える必要があります。 前のセクションのコードサンプルに従ったと仮定すると、変数に前のウィンドウハンドルが格納されます。 これをまとめると以下のようになります。

//Close the tab or window
driver.close();

//Switch back to the old tab or window
driver.switchTo().window(originalWindow);
  
    #Close the tab or window
driver.close()

    #Switch back to the old tab or window
driver.switch_to.window(original_window)
  
//Close the tab or window
driver.Close();

//Switch back to the old tab or window
driver.SwitchTo().Window(originalWindow);
  
    #Close the tab or window
driver.close

    #Switch back to the old tab or window
driver.switch_to.window original_window
  
//Close the tab or window
await driver.close();

//Switch back to the old tab or window
await driver.switchTo().window(originalWindow);
  
//Close the tab or window
driver.close()

//Switch back to the old tab or window
driver.switchTo().window(originalWindow)

  

ウィンドウを閉じた後に別のウィンドウハンドルに切り替えるのを忘れると、現在閉じられているページでWebDriverが実行されたままになり、 No Such Window Exception が発行されます。実行を継続するには、有効なウィンドウハンドルに切り替える必要があります。

セッションの終了時にブラウザーを終了する

ブラウザーセッションを終了したら、closeではなく、quitを呼び出す必要があります。

driver.quit();
driver.quit()
driver.Quit();
driver.quit
await driver.quit();
driver.quit()
  • Quitは、
    • そのWebDriverセッションに関連付けられているすべてのウィンドウとタブを閉じます
    • ブラウザーのプロセス
    • バックグラウンドのドライバーのプロセス
    • ブラウザーが使用されなくなったことをSelenium Gridに通知して、別のセッションで使用できるようにします(Selenium Gridを使用している場合)

quitの呼び出しに失敗すると、余分なバックグラウンドプロセスとポートがマシン上で実行されたままになり、後で問題が発生する可能性があります。

一部のテストフレームワークでは、テストの終了時にフックできるメソッドとアノテーションを提供しています。

/**
 * Example using JUnit
 * https://junit.org/junit5/docs/current/api/org/junit/jupiter/api/AfterAll.html
 */
@AfterAll
public static void tearDown() {
    driver.quit();
}
  
    # unittest teardown
    # https://docs.python.org/3/library/unittest.html?highlight=teardown#unittest.TestCase.tearDown
def tearDown(self):
    self.driver.quit()
  
/*
    Example using Visual Studio's UnitTesting
    https://msdn.microsoft.com/en-us/library/microsoft.visualstudio.testtools.unittesting.aspx
*/
[TestCleanup]
public void TearDown()
{
    driver.Quit();
}
  
    # UnitTest Teardown
    # https://www.rubydoc.info/github/test-unit/test-unit/Test/Unit/TestCase
def teardown
    @driver.quit
end
  
/**
 * Example using Mocha
 * https://mochajs.org/#hooks
 */
after('Tear down', async function () {
  await driver.quit();
});
  
/**
 * Example using JUnit
 * https://junit.org/junit5/docs/current/api/org/junit/jupiter/api/AfterAll.html
 */
@AfterAll
fun tearDown() {
    driver.quit()
}
  

テストコンテキストでWebDriverを実行していない場合は、ほとんどの言語で提供されている try / finally の使用を検討して、例外がWebDriverセッションをクリーンアップするようにします。

try {
    //WebDriver code here...
} finally {
    driver.quit();
}
  
try:
    #WebDriver code here...
finally:
    driver.quit()
  
try {
    //WebDriver code here...
} finally {
    driver.Quit();
}
  
begin
    #WebDriver code here...
ensure
    driver.quit
end
  
try {
    //WebDriver code here...
} finally {
    await driver.quit();
}
  
try {
    //WebDriver code here...
} finally {
    driver.quit()
}
  

PythonのWebDriverは、pythonコンテキストマネージャーをサポートするようになりました。 withキーワードを使用すると、実行終了時にドライバーを自動的に終了できます。

with webdriver.Firefox() as driver:
  # WebDriver code here...

# WebDriver will automatically quit after indentation

ウィンドウマネジメント

画面解像度はWebアプリケーションのレンダリング方法に影響を与える可能性があるため、WebDriverはブラウザーウィンドウを移動およびサイズ変更するメカニズムを提供します。

ウィンドウサイズの取得

ブラウザーウィンドウのサイズをピクセル単位で取得します。

//Access each dimension individually
int width = driver.manage().window().getSize().getWidth();
int height = driver.manage().window().getSize().getHeight();

//Or store the dimensions and query them later
Dimension size = driver.manage().window().getSize();
int width1 = size.getWidth();
int height1 = size.getHeight();
  
    # Access each dimension individually
width = driver.get_window_size().get("width")
height = driver.get_window_size().get("height")

    # Or store the dimensions and query them later
size = driver.get_window_size()
width1 = size.get("width")
height1 = size.get("height")
  
//Access each dimension individually
int width = driver.Manage().Window.Size.Width;
int height = driver.Manage().Window.Size.Height;

//Or store the dimensions and query them later
System.Drawing.Size size = driver.Manage().Window.Size;
int width1 = size.Width;
int height1 = size.Height;
  
    # Access each dimension individually
width = driver.manage.window.size.width
height = driver.manage.window.size.height

    # Or store the dimensions and query them later
size = driver.manage.window.size
width1 = size.width
height1 = size.height
  
// Access each dimension individually
const { width, height } = await driver.manage().window().getRect();

// Or store the dimensions and query them later