Seleniumプロジェクトとツール

SeleniumはWebブラウザーを制御します

Selenium はいろいろなものがありますが中核となるのは、ブラウザインスタンスをリモートで制御し、ブラウザとのユーザーの対話をエミュレートするために利用可能な最良の技術を使用するWebブラウザ自動化用のツールセットです。

ユーザーは、エンドユーザーが実行する一般的なアクティビティをシミュレートできます。 フィールドにテキストを入力し、ドロップダウン値とチェックボックスを選択し、ドキュメント内のリンクをクリックします。 また、マウスの移動、任意のJavaScriptの実行など、他の多くのコントロールも提供します。

主にWebサイトのフロントエンドテストに使用されますが、Seleniumはブラウザーユーザーエージェント ライブラリ の中核です。 インターフェイスはアプリケーションに遍在しているため、目的に合わせて他のライブラリとの組み合わせて使うことを奨励します。

すべてを支配する1つのインターフェース

プロジェクトの指針の1つは、すべての(主要な)ブラウザーテクノロジーに共通インターフェイスをサポートすることです。 Webブラウザーは非常に複雑で高度に設計されたアプリケーションであり、まったく異なる方法で操作を実行しますが、実行中に同じように見えることがよくあります。 テキストは同じフォントで表示されますが、画像は同じ場所に表示され、リンクは同じリンク先に移動します。 下で起こっていることは、昼と夜と同じくらい異なっています。 Seleniumはこれらの違いを “抽象化” し、コードを書いている人から詳細や複雑さを隠します。 これにより、数行のコードを記述して複雑なワークフローを実行できますが、これらの同じ行はFirefox、Internet Explorer、Chrome、およびサポートされている他のすべてのブラウザーで実行されます。

ツールとサポート

Seleniumのミニマリストデザインアプローチは、より大きなアプリケーションのコンポーネントとして含まれる汎用性を提供します。 Selenium傘下で提供される周囲のインフラストラクチャは、 ブラウザのグリッド をまとめるツールを提供するため、さまざまなマシンで異なるブラウザーおよび複数のオペレーティングシステムでテストを実行できます。

サーバールームまたはデータセンターにある積み重なったのコンピューターがすべてブラウザーを同時に起動してサイトのリンク、フォーム、およびテーブルにアクセスし、アプリケーションを24時間テストすることを想像してください。 最も一般的な言語用に提供されたシンプルなプログラミングインターフェイスを介して、これらのテストは休むことなく並行して実行され、エラーが発生したときにレポートを返します。

ブラウザを制御するだけでなく、そのようなグリッドを簡単に拡張および展開できるツールとドキュメントをユーザーに提供することで、これを実現することを目指しています。

誰がSeleniumを使うか

世界で最も重要な企業の多くは、ブラウザベースのテストにSeleniumを採用しており、多くの場合、他の独自のツールを使用した長年の努力に取って代わりました。 人気が高まるにつれて、その要件と課題が倍増しています。

ウェブがより複雑になり、新しいテクノロジーがウェブサイトに追加されるにつれて、可能な限りそれらに遅れずについていくことがこのプロジェクトの使命です。 オープンソースプロジェクトであるこのサポートは、“本業"をもっている多くのボランティアからの寛大な時間の寄付によって提供されます。

プロジェクトのもう1つの使命は、より多くのボランティアがこの取り組みに参加することを奨励し、プロジェクトが引き続き新しいテクノロジーに追いつき、機能テスト自動化の主要なプラットフォームであり続けることができるよう、強力なコミュニティを構築することです。

歴史

2004年にSelenium 1がリリースされたとき、Webアプリケーションのフロントエンドで一貫した動作を手動で検証するために費やす時間を削減する必要はありませんでした。 当時利用可能なツールを利用し、テスト中のWebページへのJavaScriptの注入に大きく依存して、ユーザーのインタラクションをエミュレートしました。

JavaScriptは、DOMのプロパティを内観し、他の方法では実行できない特定のクライアント側の観察を行うことができる優れたツールですが、キーボードが使っているようなマウスとマウスの操作を自然に複製する機能には不十分です。

それ以来、Seleniumは多くの成長と成熟を遂げ、世界中のほとんどの大規模な組織ではなく、多くの人々が広く使用するツールになりました。 Seleniumは、ニッチな聴衆と特定のユースケースのためにThoughtworksで開発された自作のテスト自動化ツールキットから、世界の デファクト ブラウザ自動化ライブラリになりました。

Selenium RCが当時利用可能な業界のツールを利用したように、Selenium WebDriverは、ブラウザインタラクションの部分をブラウザベンダーの本拠地に持ち込み、バックエンドのブラウザー対応実装の責任を取るよう依頼することにより、その伝統を推進しています。 最近、この作業は、SeleniumのWebDriverコンポーネントをユーザーエージェント用の 最新の リモートコントロールライブラリにすることを目標とするW3C標準化プロセスに進化しました。